異動時にお菓子を渡さなくても良いのは、その部署に配る習慣がない場合です!

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

異動が確定した場合、以前の部署にお菓子を贈るべきか迷ったことはありませんか?

お菓子の贈り物は、以前の部署がお菓子を贈る習慣があるかどうかに依存します。

時には以前の部署で嫌な思いをした人がいるかもしれません。そのような場合でも、感情に流されずにお菓子を用意することが、自分の評価を保つために重要です。

私は何度か異動を経験し、特に大規模な組織での異動では悩むことがありました。

そこで、異動時にお菓子を贈るべきタイミングと、その際のマナーについて説明します。

さらに、おすすめのお菓子についてもご紹介します。

異動の際には、ヨックモックの洋菓子詰め合わせが一つの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

転勤時にお菓子の贈り物が必要な場合と不要な場合

転勤が決まると、以前の部署にお菓子を贈るべきかどうか、悩むことがありますね。

以前の転勤者がお菓子を贈ったとき、それに続けるのが良いでしょう!

それでは、お菓子が不要な場合とはどのような状況なのか、詳しく説明しましょう。

お菓子の贈り物が一般的でない場合、転勤時にお菓子は不要

部署内でお菓子を贈る習慣がない場合、お菓子を用意する必要はありません。

お菓子の贈り物が通例かどうか分からない場合は、先輩や上司に尋ねることがおすすめです。

お菓子を贈る習慣がない場合、自分から始めないように気をつけてください。なぜなら、贈り物をすることで、次の転勤者に負担をかける可能性があるからです。

他の人から「あの人はお菓子をくれたのに、この人はくれない」とマイナスの印象を持たれることもあるので、個人的に贈りたい場合は、人目を避けて贈り物をすることが良いでしょう。

お菓子が必要なケースは、前の転勤者が贈り物をしていた場合

お菓子が必要なケースは、以前の転勤者が贈り物をしていた場合です。

ただし、嫌いな上司や同僚に贈り物をすることに抵抗を感じることもあるでしょう。

しかし、感情的に反応することは自分の評価を下げる可能性があるため、同じような行動を取らないようにしましょう。

「お世話になりました」という大人の姿勢を保つために、嫌な人を客観的に見ることが役立ちます。その人が特定の方法しか持っていないと考えれば、感情的な負担を軽減できるでしょう。

客観的に嫌な人を見れば、挨拶とお菓子を贈ることは可能です。自分が前進することで、次の転勤先にすっきりと向かうことができるでしょう。

おすすめ:軽やかなお土産を贈る心得

新しい場所に引っ越したり、異動する際、お土産を贈ることがありますが、高価なものである必要はありません。

気軽なお土産でも、相手に遠慮をかけることはありませんし、受け取る方も嬉しいものです。

私は普段、個別包装された袋入りのお菓子を用意して、一緒に挨拶をしました。

新しい場所の人々と初対面の場面も多い中、一人ひとりと挨拶を交わすことで、相手の名前や顔を覚えやすくなりました。

このような配慮は、新しい人間関係を築くのに非常に役立ち、職場の雰囲気を良くするのに貢献します。

お土産を用意できなかった場合でも、一人ひとりに挨拶することは非常に大切です。

多くの人にお土産を贈る際の私の経験

多くの人にお土産を贈る場合、どのお土産を選ぶか迷うことがあります。

箱入りのお土産を用意することもできますが、費用がかかります。

以前、私が勤務していた部署では40人以上の社員がおり、お土産を贈る習慣がありました。

40人以上に贈る場合、1つの箱入りのお土産だけでは足りないと思い、費用面でも悩みました。

そこで、以前の先輩が行った方法を思い出しました。

その先輩は、個別包装された普段食べているお菓子を自分でまとめて贈っていました。

包装材料は100円ショップで手に入り、個別包装のお菓子を数個購入することで、箱入りのお土産よりも費用を節約できました。

手間はかかりましたが、予算を節約しつつ、喜んでいただけるお土産を用意できたことに満足しました。

手間と予算のバランスを考えると、自分でまとめて包装する方法と、簡単に用意できる箱入りのお土産のどちらが適しているか、ご参考にしてみてください。

スポンサーリンク

お菓子の配り方とマナーについて

同僚や上司にお菓子を配る際、適切なタイミングとマナーに気を付けましょう。

お菓子を渡す際のタイミングは、できるだけ勤務時間内にし、特に定時を過ぎないように心がけましょう。定時を過ぎてしまうと、相手が帰宅時間になっていたり、忙しい状況で呼び止めることが難しく、相手に迷惑をかけてしまうことがあります。

以下はお菓子を渡す際の適切なマナーのいくつかです:

なるべく上司からお菓子を渡すようにしましょう。上司が忙しそうな場合、事前に適切なタイミングを確認しておくと良いでしょう。

上司が不在の場合、席にいる人にお菓子を渡すことを検討しましょう。社員や同僚にお菓子を渡す際も、定時を過ぎないように気を付け、挨拶をしっかりと終えましょう。

箱入りのお菓子を上司に渡す場合、渡す際に一言添えると良いです。例えば、「お世話になりました。皆さんで召し上がってください。」と伝えることで、温かい気持ちを表現できます。

配るお菓子は個別に包装されたものを用意しましょう。個包装のお菓子は受け取りやすく、衛生的です。切り分ける手間もかからず、いつでも食べられる便利な選択肢です。

日持ちするお菓子を選びましょう。お休みの人や忙しい人でも食べやすいお菓子は、喜ばれることでしょう。

お菓子は余裕を持って用意しましょう
お菓子を渡す際に不足しないように、人数分よりも多く用意することをおすすめします。事前に会社の体制表を確認して、正確な人数を確認するのが良いでしょう。

私もこの方法で人数を確認しましたが、タイミングが合わず、人数のずれが生じました。後で体制表が更新されていたことが判明しました。

多めにお菓子を用意していて本当に助かりました。稀なケースかもしれませんが、何かのトラブルに備えて多めに用意することをおすすめします。

お別れの日にお菓子を贈るのが良いです
できるだけ、その部署での最終日にお菓子を配るようにしましょう。

最終日以前に贈ると、受け取った人がお返しを気にすることがあります。気を使わせないように、最終日にお菓子を贈るようにしましょう。

個別にお菓子を渡す場合は、プライバシーを尊重しましょう
個別にお菓子を贈りたい場合は、他の人に気を遣わせないよう、人目のつかない場所で贈りましょう。

勤務時間内に相手を呼んだり、ランチに誘ったりして、2人きりになれるタイミングを見計らいましょう。

お菓子を贈る際の8つのマナーを紹介しました。

クリスマスと年末年始の準備にぴったりの商品が、楽天スーパーセールで最大45.5倍のポイント還元中です。

楽天市場、Yahoo!、ポチップでご利用いただけます。

デパ地下でも人気の高いギフト用お菓子が登場しました。このお菓子は、36個入りで税込3,888円とお手頃な価格です。

彩り豊かな個包装とおしゃれなデザインが目を引きます。

中身には、イチゴパフェサンドクッキー、プリンアラモードサンドクッキー、スイートポテトラングドシャ、チョコバナナラングドシャの4つのバリエーションが含まれています。

なお、この商品は季節に応じて内容が変わる秋冬バージョンとなっております。

36個入りは贈り物に最適ですが、もし数量が多すぎる場合、20個入りの商品もご用意しており、価格は2,700円(税込)となっております。

どちらも美味しいお菓子ですので、お好みに合わせてお選びいただけます。

 

スポンサーリンク

まとめ

異動時にお菓子を用意するかどうかを考える際には、以下のポイントに注意しましょう。
異動先の部署がお菓子を配る習慣がない場合、わざわざ用意する必要はありません。

ただし、無理に用意しないことで他の人に嫌な印象を与えないように気をつけましょう。

異動先で以前からお菓子を配る習慣がある場合、前の人のように軽いお菓子を用意するのが良いでしょう。

お菓子を配るタイミングは、できるだけ定時前に終え、上司からの配布も考慮しましょう。

選ぶお菓子は日持ちがするもので、個別包装のものが便利です。人数よりも少し多めに用意しておくことをおすすめします。

異動時にお菓子を用意するかどうかは、異動先の状況によります。このガイドを参考に、円滑な異動を祝う手助けができれば幸いです。

生活
スポンサーリンク
楽人をフォローする
スポンサーリンク
楽笑ライフ
タイトルとURLをコピーしました