仕事効率アップに貢献!見やすいノートの取り方とは?

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

効率的な仕事をするためには、情報を整理し、ノートにわかりやすく記録することが大切です。手書きでメモすることは、特に効果的であり、これにより行動計画が明確になり、仕事の生産性も向上します。

効果的なノートの取り方として、情報を整理しやすいようノートをセクションに分ける方法があります。この記事では、手書きのメリットや、整理された思考を通じた、わかりやすいノートの取り方を詳しく説明します。

職場では、紙が散らばりにくい一冊のノートが推奨されています。滑らかな紙質のノートは、ボールペンやシャープペンシルでも書きやすく、書き心地も良いです。

スポンサーリンク

わかりやすいノートで仕事効率を上げましょう!

会議や打ち合わせでの議論を正しく理解し、必要なアクションをメモすることは重要です。しかし、パソコンでメモを取ると、内容が完全には理解できないこともあります。

効果的にノートを使うためには、必要な情報を整理し、わかりやすく記録することが重要です。手書きは少し時間がかかるかもしれませんが、それが仕事の効率を高める鍵となります。

手書きのノートは、キーボード入力とは異なり、自由でわかりやすいメモが可能です。自分にとって重要な情報を強調し、たとえば、大きな文字や色を変える、重要なポイントを丸で囲むなどの工夫ができます。

会議の内容を忘れた場合でも、整理されたノートは後で見返しやすく、情報を探す手間を省けます。

手書きノートのその他のメリットには、理解が深まること、脳の活性化、思考の整理がしやすくなることなどがあります。

手書きメモの利点

手書きメモは、会議や打ち合わせの際に非常に有用です。内容を一言一句メモするのは難しいかもしれませんが、大事な情報を要約して記述することが求められます。

手書きメモを活用することで、情報を要約しやすくなり、分かりやすい言葉でメモを取る練習にもなります。実際、プリンストン大学とカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の研究によれば、コンピュータを使う学生よりも手書きメモを取る学生の方が情報をより良く理解できるという結果が出ています。

このような研究からも、手書きメモを積極的に活用するメリットが明らかになります。

手書きメモと脳の活性化

脳の前頭前野は、思考、記憶、感情の調整などに重要な役割を果たします。前頭前野が活性化されることは、物忘れの予防や感情のコントロールに役立つとされています。

手書きメモは、脳を刺激し、前頭前野を活性化するのに適しています。一方、コンピュータの操作は指先の運動に過ぎず、脳への刺激が少ないと指摘されています。

手書きメモと思考整理

手書きメモには、筆者の気持ちや感情が表れやすい特徴があります。気分が高揚していると、文字は力強く、速く書かれることがありますが、気分が沈んでいると文字は緩慢になります。この違いは思考や感情の表れでもあります。

手書きメモはコンピュータとは異なり、緩やかなペースで文字を書き記すことができ、思考整理に適しています。丹念に文字を書くことで、心も穏やかになり、新たな気づきが得られることでしょう。

手書きメモの利点を最大限に活かすために、効果的なノートの取り方を身につけ、仕事の効率を向上させましょう!

スポンサーリンク

ノートの取り方において、役立つアプローチは「空・雨・傘」です。

ノートを使う際、必ず上から順に書かなければいけない決まりはありません。通常、コンピュータを使用する場合、情報は上から下に追加されますが、見やすいノートを作成する際には、情報を整理して書くことが大切です。

ノートを3つに分ける理由は、「空・雨・傘」というフレームワークに従っているからです。フレームワークは、思考の支援に役立つツールで、さまざまな種類があります。この記事では、特に仕事に役立つ「空・雨・傘」アプローチに焦点を当てて説明します。

この手法は、情報整理と問題解決をサポートするために設計されました。特に「空・雨・傘」アプローチは、問題を整理し、解決策を明確にするのに役立ちます。仕事でトラブルが発生した場合、このアプローチを使用することで、現状の理解から問題の解決に向けた行動計画を立てやすくなります。また、問題を予防するためにも応用できます。

「空・雨・傘」アプローチの詳細

「空・雨・傘」アプローチは、仕事にも適用できるアナロジーです。このアプローチは以下の要素から成り立っています。

空:現在の状況を客観的に確認する(事実)
雨:現在の状況に基づいて未来の展望を考える(考察)
傘:対策や行動を計画し、実行する(行動)
具体的には、まず「空」の段階で現在の事実を整理し、次に「雨」の段階で状況を分析し、可能な展望を考えます。最後に「傘」の段階で、問題解決策や行動計画を立てます。このアプローチを使えば、情報整理と問題解決がスムーズに進むでしょう。

「具体例 A、B、Cの利用事例」

こちらでは、分かりやすく「具体例 A、B、Cの利用事例」を紹介します。

具体例 A
事実:来店者数が少ない
考察:店舗についての情報不足
行動:SNSなどで宣伝する

具体例 B
事実:商品の売り上げが低い
考察:商品の使い方が理解されていない
行動:動画を制作する

具体例 C
事実:ウェブサイトの問い合わせが減少している
考察:アクセス数が減少している
行動:有用なコンテンツを増やして充実させる

このアプローチは、マッキンゼーなどのコンサルティング企業でも採用されている要約方法です。

一般的な手法ですので、あなたの周りにも使用している人がいるかもしれません。

見やすいノートの記述方法は、まとめ方によって理解と分析が容易になり、業務の効率も向上します。

見やすいノートの記述方法には、まだ3つのヒントがあります。一緒に活用すると効果的です♪

スポンサーリンク

見やすいノートの記述方法の3つのヒント

ノートの記述方法を改善して見やすくする方法は、「具体例 A、B、Cの利用事例」だけでなく、まだヒントが存在します。

ノートの文字がパソコンのように単調な黒い文字ばかりにならないようにすることが重要です。情報が分かりやすくなります。

ノートを見やすくするためのヒントは、記述方法に変化を加えていくことです。手書きのため、装飾を気にする必要はありません。

見やすいノートの記述方法の3つのヒントを試してみてください。

・色分けをする

・箇条書きにする

・余白を残す

色分けをする

重要なポイントやタスクなどを強調するために、色を使ってください。

色の数は、黒、赤、青などの3色ほどに制限しましょう。

たくさんの色を使うと、見やすいノートの記述方法としては適していません。

美しさに固執しすぎると、内容が頭に入りにくくなります。

箇条書きにする

文章よりも箇条書きの方が見やすいノートの記述方法となります。

ノートを見たときに、文章を読む必要がなくなります。

箇条書きを採用すると、読みやすさが向上し、理解が迅速になります。

余白を確保する

ノートを書き始める際には、文字をぎっしり詰め込まずに、余白を残して書き進めるように心がけましょう。

後から情報を追加する必要が出ても、余白があれば関連箇所に書き込むことができます。

また、視覚的にわかりやすくするために図や表を使いたい場合にも、余白を活用できますね。

この簡単な方法を使いながら、あなた独自のルールが徐々に形成されていくでしょう。

見やすいノートを作成するルールを持つことで、書くスピードも向上するでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

見やすいノートの作成は仕事の効率向上につながる
見やすいノートの書き方はノートを3つに分けて記述する
見やすいノートの書き方は「空・雨・傘」のアプローチを取り入れる
見やすいノートの書き方では3つの異なる色を使う
見やすいノートの書き方は箇条書き形式を採用する
見やすいノートの書き方は余白を確保する
見やすいノートは情報を効果的に伝え、仕事の効率を向上させます。

生活
スポンサーリンク
楽人をフォローする
スポンサーリンク
楽笑ライフ
タイトルとURLをコピーしました