見つからない物の悩みに応えます!手軽な探し方と最後の切り札を公開!

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

どこに置いたか覚えていないあなたのために、探しても見つからないときに簡単に見つかる方法をお教えします。

あなたが何をどこに置いたのか全く覚えていなくても、その感覚ならよく理解できますよ。 もし少しでも記憶があれば、その部分を重点的に探すことができますよね。

でも記憶がないからこそ、どこから手をつけたら良いか見当もつかないまま途方に暮れるものです。 実際私自身、最近無意識にどこかに置いたらしい財布をなくしてしまい、途方に暮れたものです。

最終的にはあり得ない場所、車の助手席とドアの間から見つけ出しました。たぶん運転している最中に偶然落ちたんでしょうが、覚えていない私は発見するまでかなりの時間を失いました。

その間に感じたイライラや焦りは、この記事を読んでいるあなたも同じだと思いますよ(笑) それでは、見つからないものを簡単に見つけるための方法、そして最終手段についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

探し物が見つからないときにすぐに見つかる方法

失くした記憶がないときでも、簡単に見つかるコツをお教えします。

失くした物が見つからない時、でも多分家のどこかにあるというぼんやりした記憶があるなら、こちらを試してください。

一体なぜ覚えていないんでしょうね(笑) 無意識にどこかに置き忘れたか、あるいは誰かが移動させたかもしれません。

ともあれ、記憶にないときはこのやり方で試してみてください。 すぐにでも見つかるかもしれません!

まずは深呼吸して気持を落ち着けて

普段よく物を置く場所をチェックして。
日常のルーティンを辿ってみるのも一つの方法。
掃除をしながら整頓してみると良いですよ。
想定外の場所も探索してみてください。
物のある場所は家の中に限らず、外も考えられます。

さあ、それでは早速詳しく見ていきましょう。

まずは落ち着いてください。

特に、財布や携帯電話など重要なものを失くしたときは焦りがちですが、落ち着かないと新たなひらめきも生まれません。

「大丈夫、絶対どこかにある」と自分に言い聞かせ、気持ちを落ち着けましょう。

「そうだ!あそこにあるかも」と思いつくかもしれません。ポイントは、あせってイライラすることなく、一息ついて冷静になることです。

もし物を見つけられない時は、よく物を置く場所を思い出してみましょう

私たちには、無意識のうちに物を置きがちな場所が存在します。例えば、キッチンの引き出しや、本を並べた棚の特定のスポットなどです。

私自身もしばしば、服を収納するタンスに物を放り込んでいますね。 日頃の習慣に基づいて、いつも置く場所を確認するのも一つの方法です。

トイレの片隅や、洗濯機の上、あるいは玄関やベッドの周りも、思いがけず物を置いてしまう場所かもしれません。

実は、冷蔵庫でテレビのリモコンを見つけた経験もありますよ。

それでも見つからなければ、掃除や整理整頓をしてみるのも効果的です。

散らかった家の中では、物を見つけるのも一苦労ですから。 整理をしながら、紛れ込んだり、ほかの物と混ざったりしている可能性のあるものを探しましょう。

念のため、ベッドやソファの下も見てみるといいでしょう。 それでも物が見つからないときには、考えられないような場所も探してみてください。ひょっとすると、家族やペットが無意識に移動させてしまっていることもありますし、信じられない場所にあるかもしれません。

ゴミ箱の中や、カーテンの裏、ソファの後ろなど、あり得ないようなところにこそ答えが隠されている場合もあります。

但し、物が家の中にあるとは限りません。私自身、財布を車の中に落としてしまったことがありました。ですので、家の外も探してみる価値はあります。

物が玄関先や自転車のかごなど、予想外の場所で発見されることも多いのです。 そして、探し物が見つかった人も、見つからなかった人も、同じような心配を二度としなくて済むよう、日常の中で物をどう管理するかを見直すチャンスかもしれません。

私が最近見つけた、物探しの新しい方法も参考になるかもしれません。

スポンサーリンク

失くしたものをすぐに見つけるための秘策!

私が最近取り入れている効果的な手段とは何かというと… それはスマートタグです! これは「なくし物を防ぐタグ」としても知られ、
様々なアイテムに取り付けておくことで、
スマートフォンと連動して、なくしたときにすぐに
見つけ出せるすぐれたアイテムです。 主なタイプとしては、 ・キーホルダータイプ
・カードタイプ
・シールタイプ などがありますので、必要に応じて使い分けることができます。

私自身は、家の鍵や財布のように失くしては困る物に限ってこれを使っています。

このおかげで、必死になって探し物をすることが減りましたよ(笑)。 このタグは子供の持ち物やペットに取り付けている人もいるようです。

もし物をなくすことが多い方は、
この便利なアイテムを利用してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

さて、いかがでしたか? 物をどこに置いたか覚えていない時に、簡単に見つける方法をご紹介しました。
まずは一息ついて落ち着きましょう。
普段物をよく置く場所を調べてみる、
いつもの置き場所を探してみる、
掃除をしながら片付けをする、
普段は考えられないような場所を探してみる、
おうちの中だけでなく外もチェックする、 といった方法が有効です。 もし覚えがなくても、これらの方法を試してみてくださいね。 最後に、スマートタグという最終手段、私にはとても役立っています!(笑

生活
スポンサーリンク
楽人をフォローする
スポンサーリンク
楽笑ライフ
タイトルとURLをコピーしました