単身 赴任の時の 手当は 共働きではどうなの? 支給要件について詳しく調べてみた

ビジネスマン
家族と離れて単身赴任することで必要なお金が増えてきます。

 

単身赴任先の家賃や帰省にかかるお金や生活費!
そのため単身赴任している人に支給される手当があります。

 

「共働きだと手当の金額は少なくなるの?」

「家族の人数で手当の金額は変わるの?」

 

など気になることは多いと思います。

 

ここではその手当の支給要件について紹介します。

自分にはどのくらい支給されるのか把握してみましょう!

 

最近共働きはとても増えているのでとても参考になると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

単身赴任での手当は共働きではどうなの?

 

家計イメージ画像

 

単身赴任手当は転勤になる場所が遠く通勤出来ないため家族を残し

自分だけ転勤先に暮らす場合にもらえる手当のことです。

 

子どもの転校や配偶者の職場、持ち家があるなどの理由で

仕方なく単身赴任に…

 

単身赴任手当は働いている企業によって全然違います。

 

共働きでも単身赴任手当が変わらない企業もあれば

少なくなってしまう場合もあるようです。

 

もらえる金額、もらえる条件などが違うのはもちろん

企業によっては単身赴任手当がない場合もあります。

 

 

公務員の場合は月額3万円と自宅からどのくらい離れているかで

決まっている金額を足した金額になります。

自宅からの距離が離れるほど金額は高くなります。

 

100km~300kmは8000円

300km~500kmは16000円

500km~700kmは24000円

700km~900kmは32000円

900km~1100kmは40000円

 

人事院規則9-89 第2条より

人事院規則九―八九(単身赴任手当) | e-Gov法令検索
電子政府の総合窓口(e-Gov)。法令(憲法・法律・政令・勅令・府省令・規則)の内容を検索して提供します。

 

民間企業の単身赴任手当の平均金額は45000円前後でした。

 

企業の中には単身赴任手当以外にももらえる手当があるので

そちらも活用しましょう!

 

①家賃補助(住宅手当)

②帰省旅費手当

帰省の回数は月に何回までと決められていることが多いです。

③転勤資金金(単身赴任準備金)

引越し費用や家電などの購入代金を補助してくれます。

 

こちらの金額も企業によって違ってきます。

 

単身赴任になる可能性がある場合はまず会社に

単身赴任手当について確認するようにしましょう!

 

もらえる金額によっても可能かどうか判断する大きな

ポイントになってくると思います。

スポンサーリンク

 

 

単身赴任での手当。支給 要件は?

 

単身赴任での手当の支給要件も企業によって違います。

自分の働いている会社の支給要件を確認してみましょう!

 

多くの企業で支給要件を決めています。

 

 

公務員の場合は以下の5つの要件のいずれかに当てはまる場合に

単身赴任手当が適応されます。

 

①配偶者が自分や配偶者の両親を介護する

②配偶者が学校その他の教育施設に在学する子どもを養育する

③配偶者が現在の勤め先に引き続き就学する

④配偶者が、所有する住宅を管理するために引き続き居住する

⑤本人の通勤距離が60km以上ある、もしくは60km未満であっても

通勤方法・通勤時間の状況から通勤が困難である

 

人事院規則9-89 第2条より

人事院規則九―八九(単身赴任手当) | e-Gov法令検索
電子政府の総合窓口(e-Gov)。法令(憲法・法律・政令・勅令・府省令・規則)の内容を検索して提供します。

 

 

転勤がある職業は少なくありません!

 

今回調べてみて単身赴任には今まで以上にたくさんのお金が

必要になることが分かりました。

 

単身赴任手当や家賃補助(住宅手当)、帰省旅費手当

転勤資金金(単身赴任準備金)がとても大切です。

 

 

まとめ

 

ビルディング画像

 

 

元々住んでいた自宅に家族を残して自分だけ転勤先で

暮らす場合に会社から毎月もらえる手当のことを単身赴任手当といます。

 

この単身赴任手当の支給要件は企業によって全然違います。

 

金額が違うだけでなく企業によっては単身赴任手当がない

場合もあるので自分の働く会社で確認しましょう!

 

単身赴任手当以外でもらえるかもしれない手当は以下の通りです。

 

①家賃補助(住宅手当)

②帰省旅費手当

③転勤資金金(単身赴任準備金)

 

 

単身赴任の経験はありませんが…

 

単身赴任することでどのくらいの手当がもらえて

必要になってくる出費はどのくらいなのかシミュレーションが

大切だと思いました。

 

自分だけでなく家族の生活もあるので、家族で話し合うことが

とても大切だと感じました。

 

家族と会える機会も確実に少なくなってしまうので

お互いが納得し、相手に理解してもらう必要がありますね。

タイトルとURLをコピーしました