ノマドワーカーの収入と将来のキャリアについて

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

・ノマドワーカーの平均年収についての概要
・職種によるノマドワーカーの収入格差
・ノマドワーカーとして将来安定した生活を送る方法

インターネットとモバイルデバイスがあればどこでも仕事ができるノマドワーカーに対する関心は高まっています。

この自由な働き方は魅力的ですが、多くの課題も伴います。ノマドワーカーとしての生活は本当に厳しいのでしょうか?

特に、収入は大きな関心事です。

この記事では、ノマドワーカーの収入や将来の生計について詳しく解説しています。

筆者自身の経験に基づく情報も含まれており、ノマドワーカーを目指す方にとって有益な情報が満載です。

スポンサーリンク

ノマドワーカーの働き方の概要

ノマドワークとは、固定のオフィスを持たず、カフェや共有オフィス、旅行先などで仕事をするスタイルです。

ネットを活用する職業、例えばエンジニアやWebデザイナーなどがこの働き方に適しています。

ノマドワーカーには、企業に属する人もいれば、フリーランスとして自分で仕事を見つける人もいます。

スポンサーリンク

ノマド労働者の年収とその実情

多くのノマド労働者は企業に属さず独立して働くことが多く、このため彼らの収入は一般的な正社員と比べると低めになる傾向があります。

ノマド労働者の正確な年収の統計はなかなか取りにくいですが、「フリーランス白書2020」によれば、彼らの平均年収は以下のような分布になっています:

年収400万円以下:約46%
年収400万円から800万円未満:約32%
年収800万円以上:約22%
出典: 「フリーランス白書2020」

フリーランスとしてのノマド労働者は、価値の高いプロジェクトを持続的に獲得するためには、営業力やオンラインでのコミュニケーション能力が求められます。その結果、収入が不安定になることがあります。

ただし、「フリーランス白書」には60歳以上の高齢者も含まれている点や、ITエンジニアやデザイナーなどの特定職種では高収入を得ている人も多いため、個人の努力次第では平均的なサラリーマンより収入を伸ばす可能性は十分にあります。

フリーランスのノマド労働者は、自らプロジェクトを獲得することができるため、良い案件を継続して得られれば収入は大きく変わります。また、職種やスキルによって年収が大きく異なるのも事実です。

ノマド労働者の職種別年収としては、求人サイトなどから得られるデータによると、以下の職業での年収が見込まれます:

Webデザイナー:年収300万円から700万円
グラフィックデザイナー:年収700万円から800万円
エンジニア:年収700万円から1,200万円

また、ライターのような職業では収入が低いこともありますが、スキルアップや経験を積むには適しています。

ブロガーやアフィリエイターの年収は大きく異なり、0円から数千万円まで幅広い範囲があります。

スポンサーリンク

デジタルノマドとして安定した収入を得る方法

デジタルノマドの中には、通常の会社員を上回る収入を得ている人も珍しくありません。

私の知り合いの中には、ブログで年収が5000万円を超える人もいます。

その中でも、2019年から2020年にかけてブログから2500万円以上を稼ぎ、一般のサラリーマンの年収の約2倍を得た人もいます。

インターネットを活用した仕事では、時間に比例した収入よりも、特定のスキルや戦略を利用して大きな収入を得ることが可能です。

高収入を得ているデジタルノマドには、特定の技術とコミュニケーション能力が優れていることが共通しています。

例えば、ブログで収入を得る場合、SEOに関する体系的な知識や他人との良好な関係を築くコミュニケーション能力が重要です。

SEO成功のためには、Googleのアルゴリズムの更新やデータ分析に基づいたPDCAサイクルを適用することが鍵となります。

また、役立つ情報を得たり、協力者を見つけるためのコミュニケーション能力も、デジタルノマドにとって非常に重要です。

デジタルノマドとして成功するためには、以下のようなスキルアップ方法が考えられます。

技術スキル:自分の職種に必要な専門知識を学ぶことが重要です。学校やコミュニティで実践的な経験を積むか、時間がない場合はオンライン動画を活用することも一つの方法です。

コミュニケーションスキル:フリーランス白書2020によると、フリーランスの約27%の人だけが積極的に営業活動を行っています。残りの多くは、仕事を待っているだけです。営業やセールスが得意でない人でも、インターネットを活用すれば、簡単に自己PRを行い、仕事を獲得できます。

まずは求人サイトへの登録から始め、経験を積むことが大切です。

スポンサーリンク

まとめ:ノマド型労働者の年収に関して

自由度が高いノマド型労働者ですが、収入面では困難に直面している人が多いことが知られています。

一方で、彼らの労働は自分の努力が直接収入に繋がるため、通常の会社員よりも達成感を得やすいかもしれません。重要なのは、専門知識をしっかり学び、実践を通してスキルアップすることです。

また、フリーランスの中で70%以上の人が営業活動に取り組んでいないので、これは新しいチャンスと見るべきだと言えるでしょう。

仕事
スポンサーリンク
楽人をフォローする
スポンサーリンク
楽笑ライフ
タイトルとURLをコピーしました