美容師が客に送る秘密のサイン3つ【業界内部の話】

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

この間、美容師の友人と食事をしている時に、驚きの話を聞きました。
美容業界のあまり公にされていない話です。
美容師がわざと使う、「サロンへ来ないで」という隠れたサインのことを聞いてしまいました!

自分もそのサインに当てはまっていないか確認するために、色々と詳しく尋ねてみました。

そんなわけで、皆さんもこれらのサインを間違って受けないように、この話を共有したいと思ってこの記事を書きました。是非読んでみてください。

スポンサーリンク

サイン1:美容院で見られる「来店を控えてほしい」というサインについて

美容業界の内情をもとに、美容師が特定の客に対してどのように対応するかについて解説します。
美容師は通常、客に直接「来店しないでほしい」とは言いませんが、さりげない態度でその意向を示すことがあります。そのサインには次のようなものがあります。

アシスタントに作業を任せる

少ない対話を心がける
施術時間を短縮する
これらのサインが見られる場合、注意が必要です。それでは、詳しく見ていきましょう。

アシスタントに作業を任せる

大型店舗の場合、アシスタントが作業を担当し、スタイリストが最終チェックをすることがあります。しかし、これだけでは「来店を控えてほしい」という意図を判断するのは難しいです。

対話を少なくする

来店を控えてほしい客には、できるだけ対話を避け、話題を広げないようにすることがあります。これにより、作業に集中し、迅速に施術を終えることが目的です。

施術時間を短くする

通常は最高のサービスを提供しますが、再来店を望まない場合は施術をシンプルにし、早めに終わらせることがあります。ただし、プロフェッショナルとしての質は保ちます。
これらのサインが当てはまる場合、美容師は「来店を控えてほしい」と考えているかもしれません。

他にも気になる点があったので、以下の質問をしてみました。

誕生日クーポンが届かない場合

誕生日クーポンが送られてこないことを「来店を控えてほしい」と解釈する人もいますが、これには様々な理由が考えられます。店のポリシー変更や単純なミスの可能性もあるため、心配する必要はありません。
調べたところ、美容師が「来店を控えてほしい」と思う客は非常に少なく、特に態度が悪い人以外は問題ないということでした。

美容師が「来店を控えてほしい」と感じる人の特徴についても詳しく聞いてみました。

スポンサーリンク

サイン2:「ヘアサロンで避けたい客の行動特徴」

ヘアサロンスタッフが避けたくなるような客の行動について、詳しく見てみましょう。

礼儀がなく無理な要求をする人

ヘアケアは顧客の大切な髪を扱う繊細な仕事です。そのため、顧客との良好な関係や信頼がとても大切になります。無理な要求や命令的な態度は、この信頼関係を損なうため、スタッフからは好まれません。

頻繁に遅刻やキャンセルをする人

たまに起こる遅刻やキャンセルは仕方がないこともありますが、それが習慣になると、スタッフにとっては大きなストレスとなります。また、他の顧客への影響もあるため、このような行動は避けた方が良いでしょう。

サロンのルールを守らない人

予約制のサロンに予約なしで来店する客も、サロンの運営に支障をきたすことがあります。ルールを守れない客は、残念ながらあまり歓迎されません。

これらの行動に該当する場合は注意が必要です。ヘアサロンだけでなく、他の場所でも避けられる可能性があります。

これらに当てはまらなくても、トラブルを引き起こす客はいるものです。

スポンサーリンク

サイン3:美容院での顧客対応における苦労点

顧客の声量に関する問題

小規模な美容院では、顧客の声の大きさは大きな問題ではありませんが、大規模な店舗では、他の顧客に影響を及ぼす可能性があります。

大声は周囲に不快感を与える一方で、小さすぎる声も美容師とのコミュニケーションを困難にします。

自宅で髪を染める顧客

自宅で髪を染める顧客は、時に美容師にとって施術を困難にすることがあります。特に、自宅での黒染めは、プロのカラーリングに影響を与えることがありますが、これは顧客の自由であり、来店を拒否するわけにはいきません。

高い期待と限られた予算を持つ顧客

理想のヘアスタイルを求めることは素晴らしいですが、それに必要な費用を払いたくない顧客は、美容師にとって対応が難しいことがあります。

特に髪が傷んでいる場合は、適切なトリートメントやケアが必要であり、これに対する投資を嫌がる顧客は問題となります。

衛生面で問題のある顧客

シャンプーがサービスされているとはいえ、来店前に洗髪を怠る顧客や、頭皮の臭いが気になる顧客は美容師にとって難しい対象です。

同様に、強い口臭や二日酔いの状態での来店も、美容師にとっては対応が困難です。清潔感は、サロンでのマナーとして非常に重要です。

美容師が直面するさまざまな顧客の挑戦

美容師は、初めて会う顧客から「スタイルを任せる」と言われると、挑戦に直面することがあります。

顧客が具体的なスタイルの希望を伝えない場合、美容師はその人の髪質やファッションの好みを考慮せずに作業を進めなければならないことがあり、これは時にクレームにつながる可能性があります。

したがって、初回来店時には、希望するヘアスタイルや好みについて明確に伝えることが理想的です。

明確なヘアスタイルの希望を持たない顧客

明確なヘアスタイルの希望がない顧客は、美容師がカウンセリングに多くの時間を費やす必要があることがあります。

提案にも迷いがちなこのタイプの顧客は、美容師から見ると時々面倒と感じられることもあります。

そのため、サロンを訪れる前に、少なくとも大まかなスタイルのイメージを持っておくことが好ましいです。

無理なリクエストをする顧客

パーマ直後にストレートに戻したい、黒染め後にすぐに明るい色に染めたい、カット中にスタイルを変更したいなど、無理なリクエストをする顧客は、美容師にとって対応が難しいです。

美容師は顧客の髪質や髪の状態を考慮した最適な提案をするため、その専門的な意見を尊重することが大切です。

過度なプライベートな会話をする顧客

施術中に恋愛相談や家庭の事情などの個人的な話題で感情が高まる顧客は、美容師にとって対応が難しいことがあります。親密な関係を築くことは大切ですが、過度なプライベートな話題は避けるべきです。

美容師としては、「来るな」とは思わなくても、こういった顧客には困惑することがあります。さらに、特定の「嫌な顧客」に関する疑問も調査しました。

スポンサーリンク

気をつけるべき美容院のエチケット

・年に何度も訪れなくても心配無用?
年に数回の訪問でも問題ないとのことです。

・不便な服装での訪問は問題なし?
不便な服装で訪れても問題ありませんが、美容師を考慮して、首元が開いた服を選ぶことが望ましいです。

・会話が得意でなくても大丈夫?
会話が苦手でも、それが集中につながるため問題ありません。

スポンサーリンク

美容師が客に送る秘密のサイン3つ【業界内部の話】のまとめ

美容師は各顧客に尽くし、最良のサービスを提供しようとします。しかし、上記のような行動をとると、美容院への訪問が望ましくないとの印象を与えかねません。

実際には、「美容院に来るな」というケースは稀で、多くは誤解や一時的な不一致によるものです。美容師との相性は重要で、合わない場合は別の美容院を探すのも良い選択です。

最終的には、双方が快適にサービスを享受できる場所を見つけることが重要です。

仕事
スポンサーリンク
楽人をフォローする
スポンサーリンク
楽笑ライフ
タイトルとURLをコピーしました