家庭内の遺品整理が困難に感じられる時の対応策

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

今日は、あるユーザーからの依頼に応えて、この記事を執筆します。

ミニマリストの観点から、家族の不要な物品をどう処分すべきかについてのアドバイスを求めています。

スポンサーリンク

親族の遺品を整理中

依頼者は個人的な詳細を控えるようお願いしているので、状況を簡潔に説明します。
彼らは最近亡くなった祖父と、現在認知症を患っている祖母の持ち物を整理しています。

この作業が非常に重荷に感じられ、苦痛のようだそうです。

スポンサーリンク

整理のコツは普遍的です

依頼者へ、こんにちは。リクエストありがとうございます。
マキシマリストであってもミニマリストであっても、他人の物を整理する際のコツは基本的に変わりません。

ミニマリストは不要な物を持ち続けることに執着しないため、物を多く所有する人よりもスムーズに作業が進められるでしょう。

以下のステップに従えば、作業は苦痛ではなくなるはずです。

1.整理する理由を再考える

依頼者は自分のために整理を始めたとのことですが、その理由をもう一度深く考えてみてください。
「なぜこれをしているのか?」「この作業にはどんな意義があるのか?」をはっきりさせることで、「自分にとって意義のあること」として納得しやすくなります。

家族の物を整理する理由として考えられる点は以下の通りです。

自分自身の不安を軽減するため
今から整理しておけば、将来的な不安から解放されます。

大切な人のために役立つ
例えば、祖母の物を整理して環境を快適にすることで、彼女の生活が楽になり、自分も満足感を得られます。

経済的な利点
時間が経つほど、整理に必要なコストが増えるため、早めに行うことでコストを削減できます。

ネガティブな結果を防ぐ
物を放置すると増え続け、後で大掛かりな整理が必要になります。

自己イメージの向上
自分で整理計画を立て、それを実行することで自信がつき、自己評価も上がります。

心のクリアリング
見た目の乱れを減らし、気分をすっきりさせることができます。

自分の価値観に合った行動
ミニマリストとして、なぜそのライフスタイルを選んでいるのかを再考することで、整理作業への動機付けに

あなたがミニマルライフスタイルを選択するという価値観が、祖父母の持ち物を整理する行動を引き起こしているなら、その行動はあなたの価値観に基づいているので、気持ちが良いはずです。

・生活が楽になる スペースを占有している遺品を整理することで、現在の生活環境が改善します。

・ストレスが軽減される これまで述べてきたこと全てが相乗効果を生み出し、日々のストレスが軽減されます。

このように、整理作業の意義を理解すれば、それは自分自身の幸せのための行動であり、苦痛とは感じないはずです。

2.苦痛と感じる要素を特定する

整理作業がなぜそんなに辛く、苦痛に感じるのか、具体的な言葉で嫌な要素を特定してみてください。

整理が嫌な理由は様々でしょう。例えば、

・どれだけ捨ててもまだたくさんあり、無駄な労力を使っている感じがする

・作業が単調で退屈だ

・意義を感じられない

・時間がかかるのが嫌だ

・全体的に不快だ(古い物の臭いや、ホコリが嫌だ)

・亡くなった人の物を捨てると、気分が沈む

・祖父母との良くない思い出が蘇ってきて嫌だ

・こんなことをしても誰からも何も言われない(承認欲求が満たされない)

このように、嫌だと感じるポイントを思いつく限り書き出してみましょう。

頭の中のゴミを断捨離するブレインダンプの方法

3.嫌だと感じるポイントを解消する

次に、整理作業を苦痛と感じさせる要素を、大きなものから1つずつ解消していきましょう。

無駄な労力を感じるなら どれだけやっても終わらないと感じる時は、どこまで進んだかを可視化することで、「やればやるほど進んでいる」と感じることができます。

整理のスケジュールを立てて、毎日15分ほど、コツコツと整理し、進んだ分は文字や写真で記録したり、シールを貼ったりすると、「わ~、こんなに進んだ」と思えますよ。

相手は物で、自発的に増えることはありませんから、やればやるほど、スッキリした環境に近づきます。

また、「まだできていない」「まだあんなにたくさんある」と、未完成の部分に目を向けるのではなく、どんなに少なくても、完成した部分に目を向けてください。

これを豊かな心と言います⇒豊かな心になるためのおすすめの練習法6つ~もう十分ある、と考える。 作業が退屈なら 同じ作業の繰り返しで飽きるなら、視点を変える工夫をしてみてください。

比較的簡単にできるのは、数値目標を設定して、頑張ることです。

毎日何個捨てていますか? 数値目標を設定すると、確実に物が減ります。 捨てる対象を変えたり、作業する場所や時間帯を変えたりすると、新鮮な気分で取り組むことができます。

意義を感じられない これは、最初の作業である、意義の再確認を真剣に行えば、解決できます。

時間がかかるのが嫌 時間を取られると感じるなら、1回の作業時間を短くしてみてください。

1日5分やるとか、1日5分を朝と夜に分けて2回やる、という感じです。

古い物のほこりや匂いが気になる場合、できるだけ気持ちが良くなるような場所や時間帯で整理すると良いでしょう。

明るい部屋や、窓から素晴らしい景色が見える部屋で整理作業を行ってみてはどうでしょうか?

お気に入りの音楽を聞きながら作業するのも一つの方法です。

3分で整理作業のスイッチが入るおすすめの音楽 私自身は、静かな環境で作業する方が効率的ですが、音楽は気分を一新してくれるので、上手く活用すれば効果的です。

アロマオイル(エッセンシャルオイル)やお香を焚いて、良い香りを部屋に広げるのも良いでしょう。

遺品整理の際、故人の持ち物を整理することで、死について考え込むことがあります。しかし、死は生を輝かせる要素でもあることを思い出してみましょう。

祖父母との不快な思い出がある場合、その出来事に対する新しい視点を持ってみてください。

祖父が私に対して何を言ったりしたのか、その背後には何があったのかを想像することで、過去の出来事を前向きに(あるいは中立的に)捉えることができるかもしれません。

過去の経験を再評価し、60歳以上の人生の新しい可能性について考えることも、新しい楽しみを見つける手助けになるかもしれません。

誰からも称賛されない孤独さを感じた場合、承認を得るために行動することをおすすめします。

SNSなどでつぶやくと、フォロワーから「いいね」がもらえるかもしれませんし、他の家族に自分の進捗を報告することで、サポートを受けることもできるでしょう。

自己評価も大切で、自分を認めてあげることも重要です。

また、片付け作業が苦痛に感じられる理由を特定し、それに対処する方法を見つけることが大切です。拷問として捉えるのではなく、どの部分が難しいのか、どこがつまらないのか、どの部分が不快なのかを具体的に考えてみましょう。

片付けは拷問ではないと思います。拷問は肉体的苦痛を伴うものであり、片付けは異なるものです。

作業を楽にするためには、専門家の協力を得ることも一つの方法です。最後に、ペロさん、健康で幸せな日々をお過ごしください。

家族の物を整理することが苦痛な場合の対処法を述べました。どの片付け作業でも役立つアドバイスですが、難しいと感じたら、小さなステップに分けて進めることをおすすめします。

生活
スポンサーリンク
楽人をフォローする
スポンサーリンク
楽笑ライフ
タイトルとURLをコピーしました