おむつには使用期限が存在するのか?パンパース、ムーニー、グーンなどを調査してみました

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

赤ちゃんには欠かせないアイテムがたくさんありますが、その中でも特に重要なのがおむつです。おむつは赤ちゃんの清潔さを保つために必要不可欠なものです。

数十年前は布おむつが主流でしたが、現在では使い捨てのおむつが一般的です。

赤ちゃんやおむつを交換する親のことを考慮に入れ、各メーカーは様々な工夫を凝らしたおむつを市場に出しています。

その中で気になるのが、おむつに使用期限が設けられているのかということです。

SNSを見てみると、おむつの使用期限について疑問を持っている人が多く、使用期限について知らない人も少なくないようです。

そこで、今回はおむつの使用期限について、パンパース、ムーニー、グーンなどの各メーカーについて調査しました。

また、使用期限が過ぎたおむつを使用した場合の影響についても調査してみました。

この記事を読んで、おむつの使用期限についての理解を深めていただければ幸いです。

スポンサーリンク

おむつに使用期限はあるのか?

おむつには使用期限が存在することがわかりました。

しかし、おむつのパッケージには使用期限が明記されていないため、具体的な期間を特定するのは難しいです。

さらに、おむつを製造しているメーカーは数多く存在し、それぞれのメーカーで使用期限が異なる可能性もあります。

そこで、主要なメーカーごとの使用期限について調査しました。

 

パンパース

パンパースの公式ウェブサイトやAmazonなどのオンラインショッピングサイトを調査したところ、おむつの使用期限についての明確な記載は見つかりませんでした。

しかし、公式ウェブサイトのFAQによれば、パンパースは「製造から2年間」を使用期限の目安としています。未開封で、湿度が低く直射日光の当たらない適切な保管条件下であれば、製造から2年間を目安に使用することが推奨されています。

ただし、この使用期限は未開射で、直射日光の当たらない湿度の低い場所で保管した場合のものです。

開封後のおむつや、湿度が高く直射日光の当たる場所に保管されていたものは、使用期限が2年よりも短くなる可能性があります。

2年近く経過したものを使用する際は、未開封であっても注意深く使用しましょう。

 

グーン(エリエール)

グーンについては、エリエールのFAQに詳しい情報が掲載されていました。それによると、おむつは化学的な変化が少ないため、特定の使用期限は設けていないとのことです。

しかし、適切な保管状態であれば、製造から約3年間は使用可能であるとも記載されています。

パンパースとの違いは、使用期限の条件に「未開封」の記載がないことと、使用期限が1年長いことでしょうか?

湿度が低く、直射日光の当たらない場所での保管という条件は共通していますが、ほこりや虫などが侵入しないように保存するといった条件は記載されていません。

そのため、密閉容器などに保管しておけば、開封後でも問題ない可能性があります。

 

メリーズ(kao)

花王が製造しているメリーズも、パンパースやグーンと同様に、製造から3年間を使用期限の目安としています。

保管条件についてもほぼ同じです。

また、開封後の製品についても記載がありますが、保存方法についてのみで、使用期限については明記されていません。

 

マミーポコ(ユニチャーム)

マミーポコの公式サイトや販売元のサイトを調査したところ、使用期限についての明確な記載は見つかりませんでした。

しかし、実際に問い合わせを行った方の情報を見つけることができました。

こちらの情報によると、1.5年~2年が使用期限とのことですが、これはあくまで目安であり、確定的なものではないかもしれません。

直接問い合わせることも可能なので、気になる方は自身で質問してみることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

結論:おむつの使用期限はどのくらいなのか?

おむつの使用期限は、

  • パンパースが2年、
  • グーンとメリーズが3年、
  • マミーポコが不明

となっています。

したがって、未開封の状態であれば、おおよそ2~3年が目安となるでしょう。

ただし、これはあくまで目安であり、正確には「使用期限なし(状態が良ければ最低でも2~3年は使用可能)」と表現するのが適切です。

ただし、保存状態によっては使用期限が短くなる可能性もあります。

 

スポンサーリンク

おむつの使用期限を過ぎても大丈夫なのか?

各メーカーのウェブサイトでは、使用期限(製造日から3年)を過ぎたおむつの使用については特に明記されていませんでした。

そのため、私の意見としては、使用期限を過ぎたおむつの使用は推奨しません。

しかし、3年はあくまで目安であり、おむつに明らかな異常(変色やカビなど)やシール部分の粘着力に問題がなければ、使用可能な可能性はあります。ただし、その場合は自己責任での使用となります。

赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、可能な限り使用期限を過ぎたものは使用しない方が良いでしょう。

また、こちらのXの指摘によれば、おむつは赤ちゃんの尿をしっかりと吸収する素材で作られているため、カビが生える可能性があるとのことです。

保存状態が悪いと、未使用のおむつでも品質が悪くなる可能性があるため、目安の期間よりも保存場所の状態が重要です!

 

余ったおむつはどうすればいいのか?

余ったおむつは、無理に使用する必要はありません。

おむつは水分をよく吸収する素材で作られているため、揚げ物を作った後の油を吸収させて捨てたり、こぼれた飲み物や窓の結露を拭き取ったりするなど、様々な方法で活用することが可能です。

余ったおむつは決して無駄にならないので、使用期限内のものを赤ちゃんに使ってあげてください。

 

スポンサーリンク

おむつには使用期限があるのか?パンパース・ムーニー・グーンなどを調査してみた:まとめ

今回はおむつの使用期限について調査してみました。

参考になれば幸いです。

おむつの基本的な使用期限は、適切に保存されている場合、製造日からおおよそ2年から3年が目安となります。

・パンパース:製造後2年
・グーン(エリエール):製造後約3年
・メリーズ(花王):製造後約3年
・マミーポコ(ユニチャーム):不明(1.5年から2年の可能性あり)
・ムーニー:不明(約3年の可能性あり)

ただし、これは湿度が低く、直射日光の当たらない場所で適切に保存されている場合のものです。

メーカーによっては、開封・未開封に関わらず使用期限の目安について明記していない場合もありますが、個人的には未開封のものの方が安全性が高いと思います。

また、2年から3年以内であっても、おむつに明らかな異常がある場合は使用しないようにしましょう。

赤ちゃんに必要なおむつは、できるだけ良い状態のものを使ってあげてください。

あかちゃん
スポンサーリンク
楽人をフォローする
スポンサーリンク
楽笑ライフ
タイトルとURLをコピーしました