お宮参りの際に母親が着るべきなのはどんな格好?正解の服装マナーを解説!

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

お宮参りのとき母親は具体的にどんな服装をすると良いもの?

 

 

イマイチ、正解の服装が分からなくて悩んでしまいますね。

 

 

でもマナーをきちんと知っておかないと、

せっかくのお宮参りも良い思い出にならないですよ!

 

 

今回はそこで、お宮参りの際に母親がすべき服装ポイントや、

反対にどんな格好だとNGなのかを詳しくご紹介します。

 

 

お宮参りでは服装マナーをしっかり頭に入れておきましょう!

 

 

スポンサーリンク

お宮参りのときって母親はどんな服装をすればマナー違反にならない?

 

 

お宮参りでは母親は以下の服装をすると、

マナー違反にならないですよ!

 

 

・上品で落ち着いたデザインのワンピーススタイル

 

 

私個人的にも特におすすめなのは、

上品で落ち着いたデザインのワンピーススタイルですね!

 

 

無地で白か水色、薄いピンク色など、余所行き用だったり、

ちょっとしたパーティーなど、フォーマルシーンでも着られるような、

落ち着いているけれど優しい印象のワンピースだと問題ありません。

 

 

もちろん柄があったとしても、目立たなかったり、

印象が上品に見えるのでしたら、お宮参り時の服装にしてOKですよ。

 

 

手持ちのワンピースで、シンプルかつ品の良いデザインのものがないか、

まずはチェックしていきましょう。

 

 

ちなみに私も、お宮参りではないですが、

結婚して親族で食事会をひらいた時は、

上品に見えるワンピーススタイルをしました!

 

 

ワンピースはかなり無難な母親の服装なので、

フォーマル寄りなデザインのものを一着持っていると良いですね。

 

 

・セレモニースーツ

 

 

フォーマルをより意識した服装をしたいならば、セレモニースーツを着ること。

 

 

レディースのセレモニースーツって、お子さんの入学式や卒業式など、

フォーマルなシーンに着ていくことが出来るので、

1着持っていると、今後も使えて何かと便利!

 

 

私の母もお宮参りや卒業式の時は、

やっぱりセレモニースーツを着用していましたね。

 

 

セレモニースーツは百貨店か、

もしくは大型スーパーの婦人服売り場で購入できるので、

派手過ぎない明るめの色合いのものを選ぶと良いでしょう。

 

 

お祝い事の時の服装マナーとしては、

まず間違いないチョイスなので、

迷った時はセレモニースーツを着ることを検討してくださいませ。

 

 

・訪問着か附下(つけさげ)の和装

 

 

お宮参りで和装をするのでしたら、訪問着か附下という種類の着物が正解!

 

 

訪問着も附下も、どちらもおめでたいフォーマルシーンで着て良いので、

お宮参りはもちろん、七五三の時などにも着用できますよ。

 

 

私も着物が好きでよく着ることが多く、訪問着も1着持っていますが、

フォーマルシーンで着ることが出来るので安心しています!

 

 

和装したいと思っているのでしたら、

訪問着や附下を着ておきましょう。

 

 

ただし色柄は上品な印象のものを選んでくださいね。

 

 

・ヒールが低めでダメージのないフォーマル寄りなパンプス

 

 

お宮参りの際に母親は、ヒールが低めでダメージが少ない、

上品で歩きやすいパンプスを履きましょう!

 

 

ダメージがあるパンプスだとフォーマルシーンに適さないし、

ヒールが高いと転んでケガをする、ということもあるので、

お宮参り時の服装としては不適切です。

 

 

靴も服装の一つに含まれるので、

必ず上品で履きやすいパンプスを選びましょう。

 

 

・目立ち過ぎないアクセサリー

 

 

アクセサリーを身に着けるのでしたら、目立ち過ぎないように、

真珠のネックレスとイヤリングのみを使いましょう!

 

 

赤ちゃんを抱っこするし、お宮参りでは赤ちゃんより目立つ服装は、

絶対に避けるべきなので、フォーマルに適している、

真珠のアクセサリーを選ぶのが正解ですね。

 

 

以上がお宮参り時に母親がすべき服装ポイント!

 

 

ぜひこれらのポイントを押さえて、

当日の服装を選ぶようにしてくださいませ!

 

 

スポンサーリンク

お宮参りでマナー違反になる!絶対してはいけない母親のNGな服装とは?

 

 

では次に、お宮参りでマナー違反になってしまう、

母親のNGな服装を解説します。

 

 

・露出が多い服装

 

 

お宮参りはフォーマルシーンなので、露出が多い服装はダメですよ。

 

 

ノースリーブのワンピースを着るのでしたら、上からカーディガン、

もしくはジャケットを羽織って露出を控えましょう。

 

 

またミニスカートもNGなので、膝丈くらいのスカートのワンピースや、

セレモニースーツを着用しておくと問題ありません。

 

 

・派手な色柄の服装

 

 

洋装でも和装でも、絶対に派手な色柄の服装をしないこと。

 

 

やっぱりフォーマルな場ですし、お宮参りの主役は赤ちゃんなので、

赤ちゃんより目立ってしまうとマナー違反ですよ!

 

 

服装は無地か柄があってもさり気ないデザインのものを選びましょう。

 

 

私もおめでたいフォーマルシーンでは、

派手な色柄の服装をしないように心掛けています。

 

 

でもセレモニースーツであれば、派手な色柄のものはないので、

安心して着ることが出来るでしょう。

 

 

・目立つアクセサリーを身に着けている

 

 

宝石など色付きストーンのアクセサリーは、

やっぱり身に着けると目立ってしまうので避けるべき。

 

 

真珠であれば、品良くオシャレになるし、

目立ち過ぎることもないですよ!

 

 

母親はアクセサリーもどうか、

上品で落ち着いているものを選んでくださいませ。

 

 

・肌色ストッキングを着用していない

 

 

お宮参りなどおめでたい時のフォーマルシーンでは、

必ず女性は肌色ストッキングを着用するのがマナーです。

 

 

素足だったり黒いストッキングだと、

お宮参りに適していない服装になるので、

くれぐれも肌色ストッキングを忘れないようにしましょう。

 

 

・ヒールが高い靴を履いている

 

 

ヒールが高い靴を履いていると、お宮参りの際に、

神社の境内の砂利道などで転ぶ危険性がありますよ!

 

 

怪我したり足をくじくのを避けるためにも、

ヒールは低めで赤ちゃんを抱っこしていても、

転ばないようなパンプスを履いて行きましょうね!

 

 

正しい服装をするには、パンプスも慎重になって選べばOKです。

 

 

以上がお宮参りの時の母親がしてはいけない、

マナー違反となる服装のポイント。

 

 

ぜひNGな服装を知っておいて、

お宮参りにふさわしい格好をしてくださいね!

 

 

母親の服装も結構重要なので、

マナーを事前に知っておくと選びやすいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

 

お宮参り時の母親の服装は、上品で落ち着いた印象で、

また露出も控えめのワンピーススタイルか、セレモニースーツ、

和装であれば訪問着か附下を着用しましょうね。

 

 

アクセサリーは真珠を選び、靴もヒールが低めのパンプスがベスト!

 

 

一方、露出過多だったり派手な色柄の衣類、目立つアクセサリー、

肌色ストッキングを着用していない、ヒールが高いパンプスなどは、

マナー違反のNGな服装になるのでご注意くださいませ!

お出かけ
スポンサーリンク
楽人をフォローする
スポンサーリンク
楽笑ライフ
タイトルとURLをコピーしました