30坪の家のシロアリ駆除にかかる費用と、適切な業者の選び方

スポンサーリンク
記事内に広告が含まれています。

30坪の一軒家でのシロアリ駆除の標準費用は、約15万円から30万円とされています。この金額は、シロアリ対策のための薬剤がおよそ5年間効果を持つことに基づいているため、5年ごとにこのような費用が必要になることを意味します。

シロアリ駆除の作業内容について詳しく知らないことから、見積もりが適正かどうか判断が難しいものです。さらに、選べる業者が多く、どれを選ぶべきか迷うこともあるでしょう。

シロアリの被害は外見からは分かりにくく、予防措置を怠ると、気がついた時には家が大きく傷んでしまっている可能性があります。

この記事では、30坪の家のシロアリ駆除にかかる平均的なコスト、追加料金、そして適切な業者の選び方について詳しく解説します。日本の一般的な家庭の大きさである30坪の家のシロアリ駆除に関する費用と業者選びのポイントを理解し、自分に合った業者を見つけましょう。

スポンサーリンク

30坪の家屋のシロアリ対策には、どれくらいのコストがかかるのでしょうか?

30坪の住宅のシロアリ対策コストは、通常15万円から30万円の範囲です。

これは、1坪あたり約5,000円から10,000円の費用がかかるということを意味します。したがって、30坪以外の住宅の場合でも、床面積に応じておおよそのコストを見積もることができます。

シロアリ対策の費用は、家の1階の床面積にかかる単価によって計算されます。

全国に展開する大手業者は一般的に単価が高く、地元密着型の小規模業者は比較的低い単価でサービスを提供する傾向にあります。

単価の計算基準は業者によって異なる(1坪、1平方メートル、1メートルなど)ので、契約前に確認することが重要です。

30坪の家に30万円の費用は、家計に負担をかけるかもしれません。シロアリ対策は絶対に必要なのでしょうか?

高額なため、不要なら避けたいところですが、避けられない理由があります。

シロアリ対策は、予防が何より重要です。見逃した被害は大きな問題を引き起こすことがあります

シロアリは目立つ場所にはほとんどいないため、知らないうちに家がシロアリの被害を受けている可能性があります。

被害がひどい場合、家が倒れたり、住めなくなるなどの大きな問題に繋がることもあります。

被害を修理するには、床下の土台の補強やその他の大掛かりな工事が必要になることがあります。

工事が複雑になると、シロアリ駆除の費用を上回る高額な費用がかかることもあります。

どこに被害があるかわからないため、対策範囲を狭めてコストを削減しようとするのは危険です。

費用が高いからといってシロアリ駆除を避けるのではなく、被害を防ぐための環境整備を優先しましょう。

シロアリ対策には、「バリア工法」と「ベイト工法」という二つの主要な方法がある

「バリア工法」と「ベイト工法」には、独自の特徴、利点、そして欠点がありますので、それらについてご紹介します。

バリア工法は、化学薬品を散布する方法で、すぐに効果が現れる点と、予防効果が約5年間持続する点がメリットです。ただし、施工の際に壁や床に穴を開ける必要があることや、アレルギー反応のリスクも考慮が必要です。

次に、ベイト工法は毒入りのエサを設置してシロアリを根絶する方法で、環境や人々、ペットに優しいのが特徴です。しかし、効果が出るまでに半年以上かかること、コストが比較的高いこと、そして定期的な点検が必要であることが欠点です。

これらの方法の費用は、大手業者と小規模業者で異なります。バリア工法の場合、大手業者では1坪あたり6,000円から10,000円、小規模業者では3,000円から6,000円です。一方、ベイト工法では大手業者で1メートルあたり5,000円から8,000円、小規模業者では3,000円から5,000円となっています。

予防とコストを考慮すると、バリア工法が一般的に推奨されますが、アレルギーが心配な場合はベイト工法を検討するのも良いでしょう。

スポンサーリンク

シロアリ駆除の費用には、追加費用がかかることがある

シロアリ駆除の費用には、基本的な料金に加え、特定の条件によって追加費用がかかることがあります。この追加料金は、様々な要因によって発生する可能性がありますので、見積もりを依頼する際には、業者に確認することが重要です。

多くの業者では、事前の調査を無料で行いますが、中には「調査費」として追加料金を請求する場合もあるので注意が必要です。

【追加料金の発生例1:被害状況による追加料金】

一般的にシロアリ駆除の費用は、日本でよく見られる「ヤマトシロアリ」の駆除や予防を基準に設定されています。しかし、「アメリカカンザイシロアリ」や「イエシロアリ」など他の種類が発見された場合、異なる薬剤や処理方法が必要になり、追加料金が発生することがあります。一般の人には種類の見分けが難しいため、シロアリを見つけたらすぐに専門業者に相談することが大切です。

被害がひどい場合は、木材の交換や大工工事が必要になることもあります。このような状況では、材料費、廃材処分費、作業費などが追加で発生することがあります。安全を最優先に、業者の説明に耳を傾け、適切な対応を取ることが重要です。

また、シロアリは湿気を好むため、床下などの湿気が多い場所で問題が発生しやすくなります。業者が「床下の湿気調整工事」を提案することもあるかもしれません。追加工事については不安になりがちですが、焦らず、必要性を慎重に判断しましょう。

【追加料金が発生する場合2:家の構造による追加料金】

まず、家に点検口が設置されていない場合、シロアリの調査や駆除作業のために点検口を新たに設置する必要があり、これに追加費用がかかることがあります。点検口は、床下や天井にアクセスするための入口で、一か所の設置には15,000円から30,000円程度のコストが見込まれます。また、既存の点検口が小さい場合には、その拡張工事にも追加料金が必要になることがあります。

次に、業者が駐車する場所が家にない場合、近くのコインパーキング等の駐車料金が追加でかかることがあります。駐車スペースが狭い場合は、近隣に協力をお願いして自分の車を移動させると良いでしょう。

【追加料金が発生する場合3:作業時間や場所による追加料金】

平日の日中に作業を依頼できない場合、土日祝日や繁忙期に作業を依頼すると、割増料金が発生することがあります。事前調査や実際の作業には一定の時間が必要なため、早めにスケジュールを調整し、追加料金について確認することが重要です。

また、依頼する業者の営業所が遠方にある場合、交通費などが追加料金として請求されることもあります。依頼する業者の営業エリアや出張費用の有無についても、事前に確認すると安心です。

スポンサーリンク

適切な業者を選ぶための4つのステップ

シロアリ駆除の料金が高額なこともあり、できるだけコストを抑えたいと思うのは当然です。しかし、料金だけで業者を選ぶのは避けた方が良いでしょう。詐欺や不良業者も存在するため、業者選びには慎重さが求められます。適切な業者を選ぶための4つのステップをご紹介します。

もちろんです。以下は、より自然な日本語で書き直した文書です。

ステップ1:複数の見積もりを比べる

まず、第一ステップとして、複数の業者から見積もりを取り、その内容をしっかりと確認することが大切です。見積もりでは、内訳が詳細に記載されているか、一括りにされた表記が使われていないか、単価が統一されているか、追加料金が含まれているかなどをチェックしましょう。「一式」という表記が多いと、必要のないサービスも含まれている可能性があります。

ステップ2:担当者の専門知識を確かめる

第二ステップでは、担当者の専門性を確認します。シロアリ駆除に関する専門知識を持つ担当者が対応しているかを確かめることが重要です。

ステップ3:不必要なサービスの押し売りがないかチェックする

時には、不安を煽るような言葉を使って高価な薬剤を勧められることもありますが、現代の薬剤は品質が高く、普通のもので十分な場合がほとんどです。ただし、本当に必要な場合もあるので、しっかり説明を聞いてから決めましょう。家の構造が特殊で高い施工費を請求されたり、床下換気扇や調湿シートのような関連商品を強引に売り込まれたりすることもあります。床下の湿気対策はシロアリ予防に直接的ではないので、必要ないと思ったら断ることも大丈夫です。説明が不十分な業者は、知識が浅いか経験不足の可能性があるので、少し注意が必要です。知識不足の人がシロアリ駆除を行うと、薬剤の適切な使用ができず、再びシロアリ被害が起こることもあります。料金だけでなく、担当者の質を見て判断することも重要です。

ステップ4:アフターケアのチェック

サービス終了後の無料保証や定期点検の有無、万が一の再発時の保障内容なども、忘れずにチェックしておきましょう。

無料保証期間に関して
安全と環境への配慮を考慮した上で、多くの薬剤は約5年の有効期間が設定されています。そのため、多数の業者が5年間の無料保証を提供しています。一方で、10年間の保証をうたう業者も存在しますが、その場合は薬剤の強さや環境影響に特に注意が必要です。見積もりの際には、保証期間についてもしっかりと尋ねましょう。特に小さな業者の場合、数年内に営業を終了することもあるため、大手業者を選ぶ方が安心かもしれません。

無料での点検の可否
保証期間中でもシロアリの被害は再発する可能性があります。これを未然に防ぐためには、定期的な点検が効果的です。業者によっては、点検の提供方法が異なります。一般的には、定期的な無料点検、希望者のみの点検、有料点検の3つのパターンがあります。ご自身のニーズに合った業者を選ぶことが重要です。

再発時の補償内容
万が一再発した場合の補償内容を提供する業者は、通常、施工費用が高めになる傾向があります。補償額は業者ごとに異なり、幅広い範囲(例えば300万円から1,000万円)が設定されています。自分の状況を考慮して、最適な業者を選んでください。また、補償内容の詳細についても業者とよく確認しておきましょう。

見積もりのポイント

内容の詳細がしっかり書かれているか
「一式」という表現が多用されていないか
料金の単位が一貫しているか
追加費用が全て含まれているか
総額が市場価格から大きく外れていないか
「一式」と記載されている場合、シロアリ駆除に必要のないものが含まれている可能性があります。追加項目も含めて、必要なものが全て含まれているか確認することが大事です。料金が相場よりも安すぎる場合、契約後に追加料金が発生することもあるので注意が必要です。一律料金を提供する業者や、追加料金なしをうたう業者も、比較検討する価値があります。

【特別特集】低コストと高コストの施工業者の差

施工業者には、料金が安い業者と高い業者が存在しますが、この違いは何なのでしょうか。

ここでは、それぞれの業者の特徴を整理してみました。あなたに最適な業者を選ぶ際の一助としてください。

低コストの施工業者 高コストの施工業者
新しく設立された企業 長年の実績を持つ大企業
・効率を重視
・不要なサービスをカット
・アフターサービス無し、専門的な作業のみ ・充実したサービス
・無料での点検サービスあり
・事前調査で写真や動画を使って細かく確認
広告費を掛けず、口コミで顧客を集める 広告やテレビCMで顧客を集める
コストを抑えて、とりあえず5年間シロアリ被害がなければ良いと考える方には、低コストの業者がお勧めです。

それに対して、事前調査からアフターケアまでしっかり任せたい方は、高コストの業者が適しています。

スポンサーリンク

まとめ

一軒家30坪のシロアリ駆除にかかる費用は、だいたい15万円から30万円が相場です。

30坪以外の家でも、「1階の床面積 × 施工単価(5,000円~10,000円)」で計算すると、おおよその費用が分かります。

30坪で30万円と高額に感じるかもしれませんが、駆除をしなければ、家の修繕にさらに大きな費用がかかることがあるので、5年ごとの駆除が望ましいです。

シロアリ駆除には、効果的な「バリア工法」とアレルギーに配慮した「ベイト工法」の2つの方法があります。

「被害の状況」「家の構造」「作業の日時や場所」によっては、追加費用が発生することもあります。

悪質な業者に引っかからないように、複数の業者から見積もりを取り、比較して選ぶことが大切です。

料金だけでなく、担当者の専門知識なども選択の際に重要な要素です。

費用を重視する場合は低価格の業者、全てを任せたい場合は高価格の業者がお勧めです。

この相場と選び方を参考に、コストパフォーマンスが良く質の高い業者を見つけてください。

生活
スポンサーリンク
楽人をフォローする
スポンサーリンク
楽笑ライフ
タイトルとURLをコピーしました