10万円給付金!生活保護者は貰える? 収入 認定や身分証明はどうなの?

生活保護イメージ画像 生活

いよいよ特別定額給付金の申請がスタートしました。

オンライン申請をした方で早い方はもう受け取っている方もいるようです

筆者は都内在中ですが、もう間も無く申請書が自宅に届く予定です。

 

今回の10万円給付が支持されるなか「10万円では間に合わない、2次、3次も行なっていくべき」という声が挙げられていますが、何はともあれまずは最初の10万円を早く受け取りたいですよね。

 

ところで、今回の特別定額給付金は、生活保護を受けている方は給付を受けることができるのでしょうか。

通常、生活保護を受けている際に給付金を受け取ると、収入として認定され受け取れる生活保護の金額が少なくなってしまいます。

 

今回の特別定額給付金は、全ての国民に一律に給付するとされていますが、生活保護も対象になるのでしょうか。

今回は生活保護を受けている方の特別定額給付金受け取りについて、そして収入認定の有無についてお伝えします。

 

10万円給付金は生活保護者は貰えるの? 収入 認定については?

 

結論から言うと、生活保護を受けていても10万円は支給されます。

そして、収入認定もされません。

これを聞いて、驚かれる方はとても多いと思います。

収入認定されないのは、なかなかないことですよね。

 

そして、今回の特別定額給付金は、生活保護を受けている方の他に、年金受給者、失業手当を受けている方、つまり他に国からの給付金を受けている方も全て対象です。

 

この給付金のありがたいところは、子供も受け取れるというところです。

シングルマザーとして子供を育てながら生活保護も受けている方は、収入認定されず家族分受け取れるというのはすごく助かるのではないでしょうか。

 

また、通常給付金は世帯主が家族分をまとめて受け取りますが、DV被害に遭われて別居をしている方は、住民票を移していない区とも現在住んでいる場所の市区町村で必要手続きをすることで、給付金を受け取ることが可能です。

 

10万円給付金を受け取るための身分 証明について

 

特別定額給付金の申請は、マイナンバーカードを持っている方であればオンラインで申請することが可能で別途身分証明を用意する必要はありません。

マイナンバーカードがなく、郵送申請をする場合は身分証明書類が必要となりますので注意してください。

 

本人確認書類として有効なものは、原則として運転免許証やパスポートなど顔写真付きのものが望ましいですが、もしなければ健康保険証や年金手帳の写しなどでも大丈夫です。

 

また、上記のものが揃えられない場合は診察券や、公共料金の領収書、宛名が明記されている郵便物を用意しましょう。

自治体によって、身分証明書類として承認してくれるものが異なる場合がはあります。

上記のものを用意し市区町村に問い合わせをしてください。

 

10万円給付生活保護者収入認定や身分証明証についてのまとめ

 

今回は、生活保護を受けている方の特別定額給付金の受け取りについてお伝えしました。

生活保護を受けていても、何か特別に書類が必要なわけではないので安心してくださいね。

 

今回の特別定額給付金は、2020年4月27日時点で住民基本台帳に登録してある全ての人を対象としています。

またネットカフェ難民やホームレスなど特別な住所を持たない方も、今から住民登録をすれば給付が受け取れる可能性があります。

 

実際に住居がなくても、登録をする住所をどうするかは自治体で相談に乗ってくれる場合がありますので諦めずに、まずは問い合わせをした方が良いでしょう。

 

全ての国民が平等に受け取れる給付金、2次、3次があることも期待したいですね。

しっかりと受け取って、この緊急事態をみんなで乗り切りましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました