10万円給付金の受け取りに必要な身分 証明&受け取り方法!

お金画像 生活
スポンサーリンク

新型コロナウイルス感染拡大予防のために

いろいろな対策がとられています。

 

それが原因で収入が激減してしまったり出費が多くなってしまったりなど

国民に大きな影響が出ています。

 

家計への支援として日本に住む人に一律10万円給付する

「特別定額給付金」が行われます。

 

 

家族が多いとかなりの金額になるので気になっている人は

多いと思います。

 

ここではこの10万円の給付金の受け取り方法を解説していきます。

 

スムーズに続きするために記事をかいていくの

是非読んでみて下さい!参考になると思います。

 

 

10万円給付金の受け取りには身分 証明が必要!

 

お金画像

 

 

10万円給付金の手続き方法は2種類あります。

 

①郵送されてくる申請書類を返信する方法

②マイナポータルからマイナンバーカードを活用し電子申請する方法

 

 

①の方法を利用する場合マイナンバーカードや運転免許証などで

身分証明が必要になります。

 

このような身分証明出来るもののコピーを一緒に郵送することになります。

 

それと10万円のふ振込先口座確認書類が必要になります。

郵送で申請する場合はこのような書類を用意しておくと良いでしょう。

 

 

②の方法を利用する場合はマイナンバーカードがあれば本人確認が

出来るので他の身分証明書は必要ありません。

 

10万円のふ振込先口座確認書類のみ必要になります。

 

 

この申請の受付開始日は市町村によって

異なるので確認してみて下さい!

 

①と②では開始日が違うのでどちらの方法で行うかによっても変わってきます。

 

郵送申請の開始日から3ヶ月以内に申請をしなくてはいけません。

絶対に忘れないようにしましょう!

 

 

今旦那が休みの日に子どもを預けて買い出しに出かけている状態です。

そのような生活をしている人は多いと思います。

 

出掛ける機会が少ないので、今度出掛けるときに

身分証明出来るものをコピーしてこようと思いました。

 

必要な書類を準備しておけばすぐに郵送申請することが出来ますね!

 

 

 

10万円給付金の受け取り 方法を解説

 

身分証明画像

 

 

10万円給付金は世帯ごとにまとめて申請した振込先口座に

振り込みされるという方法です。

 

口座をもっていない人は先ほど紹介した必要な書類を持って

市町村の窓口に行くことで、窓口で給付してもらえます。

 

 

多くの人が口座を持っていると思うので窓口に人が

集まることなく申請と受け取りまで出来るようになっています。

 

まだまだ感染拡大の可能性はあるのでそれを防止するために

窓口に行くのではなく郵送やオンラインで申請を行うようにしましょう!

 

 

10万円給付金を使い詐欺をする人がいるので注意が必要です。

 

「ATMの操作をお願いする」

「手数料の振り込みをお願いする」

 

このようなことあ絶対にありませんので詐欺です!!

 

分からないことがあれば総務省の公式サイトを確認してみましょう!

 

総務省|特別定額給付金(新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連)

 

 

まとめ

 

身分証明画像2

 

 

手続き方法は以下の通りです。

 

①郵送されてくる申請書類を返信する方法

②マイナポータルからマイナンバーカードを活用し電子申請する方法

 

①の方法で必要な書類は身分証明書と

ふ振込先口座確認書類の2つです。

 

②の方法で必要な書類はマイナンバーカードと

ふ振込先口座確認書類の2つです。

 

 

口座をもっていない人は必要な書類を持って市町村の

窓口に行くと受け取ることが出来ます。

 

 

受け取る際、窓口にたくさんの人が集まってしまうと感染拡大の

可能性がかなり高くなるため今回申請が郵送、オンラインで

出来るようになりました。

 

お金を受け取るときも口座に振り込まれるので接触する必要がありません。

 

 

まだまだ安心できる状態ではないので出来るかぎり

出歩かず家で過ごすようにしましょう!

 

私も毎日子どもと楽しくする方法を考えています。

 

かなり食費もかかっているのでこの「特別定額給付金」はとても助かります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました