10万円給付金について生活保護者の収入認定は? 受け取り方は?

お金の画像 生活
スポンサーリンク

新型コロナ緊急経済対策の一環、「特別定額給付金」の申請が可能になりました。

 

対象者は、2020年4月27日時点で住民基本台帳に名前の記載がある方が対象です。

つまり、生後3日の新生児でも対象となり10万円が給付されます。

 

子供が多い家庭には大変ありがたい話です。

ですが、この特別定額給付金、生活保護を受けている方は給付を受け取ることができるのでしょうか。

 

生活保護を受けていると、年金や児童手当などの国からの給付は収入として認定されてしまいます。

収入認定されると、給付分の金額を生活保護費から差し引かれてしまいます。

 

つまり、必要な生活基準の保護は受けられるけれども、それ以上の生活は保護を受けている以上認めませんよということです。

今回の新型コロナの定額給付金も、生活保護者は収入として認定されてしまうのでしょうか。

 

ここでは、生活保護を受けている方の定額給付金についてお伝えしていきます。

 

スポンサーリンク

10万円給付金の 生活 保護者の 収入 認定について

特別給付金の案内画像

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

現在日本では生活保護受給者は209万以上、約50人に1人受給していることが、厚生労働省の調査によりわかっています。

 

今回の新型コロナ緊急経済対策定額給付金の趣旨は「すべての人に一律に支給するもの」とされています。

つまり生活保護を受けていたとしても、収入として認定されることなく給付を受けることができるのです。

 

ここに驚いた方は少なくないのではないでしょうか。

なぜなら、公共の給付を生活保護者が受け取ることは、極めて珍しいことです。

 

前途したように、年金や児童手当、障害者福祉手当まで収入認定されてしまう現在のシステムですから、半ば給付を受け取ることを諦めていた方もいるかもしれません。

 

ですが、前例として2009年のリーマンショックの際にも経済対策として定額給付金が支給された際も生活保護受給者は収入認定されることなく、給付を受け取ることができました。

 

ですが、その際の金額は1万2千円ですから、今回とは金額が違います。

働きたくても働けず生活保護を受けている方には、この10万円はかなりありがたいですよね。

お子さんがいればなおさらでしょう。

 

10万円給付金の 受け取り

お金の画像

 

定額給付金の受け取り方法は、とても簡単です。

まず申請方法が2通りあり、オンライン申請か郵送申請のどちらかを選びます。

 

どちらも世帯主の方が申請し、家族の給付金を受け取ります。

オンライン申請は、マイナンバーカードが必要になります。

オンライン申請の受け付けはすでに始まっているので、一番早く受け取れるのはオンライン申請でしょう。

 

郵送申請に関しては、申請書の発送時期が市区町村によって若干異なるようです。

また一部の市区町村ではホームページから申請書のダウンロードが可能になっています。

 

市区町村によって微妙な違いがあるので、なるべく早く受け取るために正確な情報を確認したい時は問い合わせをしてみると良いでしょう。

 

10万円給付金について生活保護者の収入認定について まとめ

 

今回の新型コロナは、経済面ではく精神面でも大きな負担を感じている方がたくさんいますよね。

やはり給付金があるというだけでも気持ち的に違います。

 

ここで「生活保護者は受け取れません」としてしまうのは違うなと筆者は思っていたので、生活保護の方も収入認定されることなく受け取れることを知って、安心しました。

 

生活保護を受けながら、お子さんを育てている方には、そのお子さんにも給付金が入る。

これは、本当にありがたいことだと思います。

 

今回新型コロナという問題を通して政府は今までにない金額の給付を行いましたが、今回のことを通して私たちの税金はもっと必要なところに使われるべきだと此処が声を上げる良い機会になったのではないでしょうか。

 

本当に必要な時に、ベストなタイミングで私たちが納税している税金が使われることを願うばかりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました