腸活とは?ヤクルト、 サプリ、ビセラなど徹底調査してみた

生活
スポンサーリンク

腸活とは?どんな効果があるの?

最近よく耳にする“腸活”というワード。

雑誌などでも特集されていることも多いですよね。

では、いったい腸活ってなんなのか?腸活はどんなもので出来るのか?

どういった効果が得られるのか?調べてみましょう!

 

 

腸活とは?ヤクルト飲もう

そもそも“腸活”とは何なのでしょうか?

 

“腸活”とは、腸内環境を整えて、健康な状態にすることです。

腸が健康な状態に整うと、便の悩みが解消される

というのは何となくわかりますよね。

便の悩みが解消されること以外にも、さまざまな効果があるといわれています。

 

メリット

・便が健康的な状態になる。

・免疫力があがり、アレルギーを抑える。

・肌が綺麗になる。

・精神面の健康を整える

 

腸活のやり方はさまざまな方法があります。

 

・運動をする。

・食物繊維をとる。

・乳酸菌などの腸内細菌を整えてくれるものをとる。

などあります。

 

1番簡単な腸活の方法としてあげられるのは、

朝起きたときに、コップ一杯の水を飲むことです。

これでも腸が刺激され、比較的簡単に続けることができる方法ではないでしょうか?

 

 

そして、乳酸菌と聞くと思い出す飲み物といえば

1度は飲んだことはある“ヤクルト”。

 

なんとなくヤクルトはお腹に良さそう。と思って

飲み続けている人も多いのではないでしょうか?

味もおいしいですし、お子様から年配の方まで人気ですよね!

 

では、ヤクルトにはどんな効果があるのでしょうか?

 

ヤクルトには“乳酸菌シロタ株”という善玉菌が入っており、

主に小腸ではたらきます。

 

小腸は、食べ物を消化して栄養分を吸収します。

それと同時に食べ物と一緒に入ってくるさまざまな細菌などの

微生物から、体を守ってくれています。

腸には体全体の半数以上の免疫細胞が集まっている大事な場所です。

 

乳酸菌シロタ株は腸内に生きたまま届いて、

腸内のいい菌であるビフィズス菌を増やし、

悪い菌の大腸菌を減少させる効果があります。

 

 

更なる効果を得るために、もうひとつ加えるといいとされています。

それはヤクルトと一緒に“ミルミル”も飲むこと。

 

ヤクルトは小腸にはたらくものですが、

ミルミルはビフィズス菌BY株という善玉菌が入っており、

これが大腸ではたらきます。

 

大腸では、水分を吸収し、便を作る役割があります。

また大腸には、ビフィズス菌や乳酸菌など良い菌が

悪い菌である大腸菌をおとなしくさせて腸内環境をよくしてくれます。

大腸ではたらく良い菌を体にとりいれることで、

お通じの改善にもなると期待されています。

 

 

この2つの飲み物に入っている乳酸菌のはたらく場所が違うので

一緒に飲むことで、よりよい効果が得られるといわれています。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

 

腸活サプリ、ビセラについて

腸活サプリ

腸内フローラを整えてくれることで体の内側から綺麗にしてくれる

ということで話題になったサプリメントの“ビセラ”。

 

 

 

主な配合成分はこちら!

 

・短鎖脂肪酸

・乳酸菌

・オリゴ糖

・水溶性植物繊維

 

 

・短鎖脂肪酸

悪玉菌の増殖を抑えて、脂肪の蓄積を防いで、

燃焼も助けてくれる効果があります。

 

・乳酸菌

ナノ乳酸菌・EC-12菌・ラクリス菌の3種類の乳酸菌が

1袋に1兆個ほど配合されています。

 

・オリゴ糖・水溶性植物繊維

熱や酸に強いオリゴ糖と、水に溶けやすい食物繊維を

一緒にとりこむことで、効果を高めてくれます。

 

 

また、サプリはカプセル状になっていて飲みやすくなっています。

更に特殊加工されており、一般的なものは胃で溶けるものが多い中、

善玉菌を生きたまま腸内まで届けるために

胃酸からしっかり守られるように作られています。

 

 

このサプリメントは、飲んだら痩せられる!というよりかは、

腸内環境を整えることで便通を良くして、

太りにくく痩せやすい体質を作るために取り入れるもの

と思っておくのがいいのではないでしょうか。

 

まとめ

 

腸内環境が整うことで、便秘が解消されることにより、

肌荒れが改善されたり、基礎代謝がアップし、血行がよくなり、

むくみもスッキリしたりとさまざまな効果に期待できます。

 

ヤクルトやサプリメントを取り入れると同時に食べ物も気をつけてみたり、

 

生活習慣を整え、運動もしてみることで相乗効果が得られることでしょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました