犬や猫のペットショップで売れ残ったその後と引き取りビジネスの存在

スポンサーリンク

ペットの売れ残りに対するコメント記事

多くの人たちが訪問している記事です
↓クリックして記事を見る↓
https://tinyurl.com/mjmy5d99

副見出し

ボランティアスタッフとしての見方

私は大学時代と大学院生時代に保護犬や保護猫のお世話している大規模なセンターでボランティアスタッフとしてお仕事させていただいていました。

もともと犬も猫も大好きなのですが家庭の事情でペットとして一緒に生活することはできないので、このような形で関わりながら少しでも人間のエゴの犠牲になる命を減らしたいと考えたからです。

ペットショップの裏事情

ペットショップなどで売れ残りの犬や猫はショップによってもまちまちですが、ブリーダーの手で返還されたり動物実験をする業者に売られるケースもあります。

また、・ボランティア団体と連携して里親探しをしてもらえればいいものの、保健所で殺処分されたり、最近増えている犬の引き取り屋が引き取るケースもあります。

ペットショップの表面しか考えていないのがほとんどの方で、不幸な未来が待ち受けているかもしれない犬や猫の場所ということも忘れてはいけません。

動物を飼って一緒に暮らすということはその動物の貴重な命を預かるということであり、そこに責任の重さを明確に覚えておく必要があります。

「引き取り屋」の存在

ペットショップでの売れ残りの犬や猫を引き取るビジネスをしている「引き取り屋」の存在をご存知でしょうか。

引き取り屋というのとは、ペットショップでの売れ残りの子犬やすでに繁殖能力が衰えている繁殖犬を1匹あたり高ければ数万円以上もの費用を受け取ることで引き取るビジネスです。

お金欲しさに犬を引き取るというビジネスの犠牲になる犬や猫もいることは覚えておいてください。

******************

他の売れ残りコメント情報

・ペットショップ売れ残りまとめ①
こちら→ https://tinyurl.com/y2rjy9zm

・ペットショップ売れ残りまとめ③
こちら→ https://tinyurl.com/pehyfbw

******************

▼多くの人たちが訪問している記事です
↓クリックして記事を見る↓
https://tinyurl.com/mjmy5d99

コメント

タイトルとURLをコピーしました