日本の生産地応援バーガー真鯛カツ!モスバーガーが開発

スポンサーリンク

日本の生産地応援バーガー

バーガーチェーン店のモスバーガーから、新しい商品が発売されました。それは、日本の生産地応援バーガーという名で、メインは真鯛カツです。

 

養殖真鯛のカツ

愛媛県愛南町でが使われて養殖された真鯛いるのですが、その理由は近年のコロナ禍にありました。コロナウイルスの感染が拡大したことで数多くの飲食店が休業、それによってこれまでの出荷量を確保することができない現実にあるのです。

 

日本の生産地を応援するために開発!

ここで立ち上がったのがモスバーガーでした。日本の生産地を応援しよう!と、この真鯛を使ったバーガーを開発し、新商品として発売されました。

 

どんなカツ?

バンズには、大きめにカットされた真鯛カツが2切れも挟まれており、フレッシュなグリーンリーフ、千切りのキャベツ、ソースにはレモンを使ったすっきりとした味わいのタルタルソースが使われています。

注文を受けてから揚げられる真鯛カツは、サクッとした衣をまとい、肉厚であるにも関わらずほろりとほどける食感です。

タルタルソースの酸味が良い塩梅で、揚げ物の重さを全く感じさせません。

 

愛媛県愛南町の漁師さんたちが救われる

この商品は期間限定かつ数量限定となっており、店舗によっては売り切れてしまっているところもあるそうです。

誰かが1つ食べるごとに、愛媛県愛南町の漁師さんたちが救われていく。

コロナ禍における今だからこそ、日本が一致団結して生産者の方々を守っていかなければならないと感じます。

タイトルとURLをコピーしました