傘立てなら珪藻土付きがニトリで大人気!さらに 陶器もあります。

傘立て 備えと対応策
スポンサーリンク

花粉症の時期も終わるとやってくるのが、梅雨ですよね。

梅雨になると一気に湿度が上がり、毎日ジメジメ!

カビ予防対策に追われる方も少なくないのではないでしょうか。

 

「あ、こんなところにカビが・・」

カビを見つけたときはショックですよね。

 

カビが生えやすいのは、お風呂場や洗面台の水回りもちろんですが、気をつけたいのが玄関ですよ。

ジメジメ時期の玄関は、お手入れしないとすぐ匂いカビの居心地の良い場所となってしまいます。

 

そして、特に傘立ては濡れてサビてしまうこともあります。

お気に入りの傘立てもサビてしまうと台無しです。

傘立てがサビると、サビが傘立てに移ってしまうので傘立ての素材にもきちんとこだわりたいものです。

 

傘立てに求めるものは、人それぞれかもしれません。

もし場所を取るものであっても、「おしゃれであればオッケー」とか、「いや絶対、場所は取りたくない!よりシンプルな傘立てが欲しい!」

など色々とありますよね。

 

もし、本格的な梅雨が始まる前に傘立てを探しているのであれば、筆者はニトリをお勧めします!

 

リーズナブルなのに、おしゃれな雑貨が多いニトリのファンはとても多いですよね。

そして、機能性が高いのもまたニトリ製品の凄いところです。

 

ニトリは種類も豊富!

傘立ても何種類もありますが、その中でもお勧めしたいのが珪藻土を使った傘立てと、陶器の傘立てです!

順番にご紹介していきますね。

 

スポンサーリンク

立て珪藻土はニトリで

傘立て

 

ニトリには珪藻土を用いた傘立てがあります。

「珪藻土で傘立て???」と思った方もいるかもしれません。

そう、珪藻土といえば「壁材」ですよね。

 

ですがニトリには以前からバスマットに珪藻土を使った商品があり、それがとても人気でした。

 

そう、珪藻土は水にとても強いのです。

珪藻土は、無数の穴があり水や湿気を吸収してくれるんですね。

ですから、壁材に用いることで湿度が高くなることを防いでくれて、カラッと快適に過ごすことができますし、バスマットとして使っても水をしっかり吸収してくれるんです!

 

この超優秀な珪藻土を使った傘立ても実はニトリにはあるんです!

傘立てというと、傘の高さくらいあるものを想像しますが、ニトリの珪藻土を使った傘立ては少し違います。

 

円盤のような平べったい形で床に置くだけです。

そう、小さなマットのような感じです。

玄関の端に置いて、そこに傘を壁にたてかけるようにおきます。

 

余分な水分は珪藻土が吸ってくれて、湿度が高くなる心配もありません。

あの湿度が高くなった時の独特な匂いが嫌な方。

そして、傘立てはできるだけ場所を取りたくないという方には、ニトリの珪藻土の傘立てはすごくお勧めです。

 

残念ながらネットでは販売していなかったので実際に店舗へ行ってみて、実物を確かめてください!

 

立て陶器はニトリで

傘

 

「家族がたくさんいるから、傘がたくさん入って、それでいて倒れずに安定性があるもの、なおかつおしゃれなものがいい!」

 

そんな方にお勧めしたいのは陶器製の傘立てです。

陶器であれば、まずサビてしまう心配はないですよね。

 

そして以外と傘立ての煩わしい悩みが倒れやすいこと。

収納しているときは良いけれど、他の傘に引っかかって取り出そうとするときに傘立てが倒れてしまう・・これが意外とイライラします。

 

陶器であれば、その心配もないので家族が多くて、とにかく傘がたくさんあるという方は、収納力もたっぷりな陶器製の傘立てが良いでしょう。

 

陶器の傘立てというとお値段が心配になりますが、そんな時もまずはニトリへ行ってみましょう!

 

ニトリは素材に対して「え、こんなに安く買えるの!?」と思えるものがたくさんあります。

陶器の傘立ても、きっと良いものに巡り会えるでしょう。

 

傘立てならニトリの珪藻土付き傘立て、そして陶器も まとめ

 

玄関はお客様が来たときに、一番最初に目が入る場所。

そして清潔にしておくことで運気が良くなるというは、風水にそこまで詳しくなくとも多くの方が知っているのではないでしょうか。

 

そう考えると玄関って、家の中で超重要な場所なんですよね。

コンパク重視派も、安定感重視派も、どちらのニーズを満たしてくれるのがニトリです。

 

ご紹介した珪藻土の傘立ては、お値段は2千円しません。

お手頃価格なのもニトリの魅力ですよね

ただ人気が高くて、売り切れてしまっている場合もあるようです。

本格的な梅雨が始まる前に、チェックしてください。

 

ジメジメとした梅雨も、機能性のある快適グッズやおしゃれなグッズを揃えて乗り切りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました