傘立てがスリムで倒れないんです!? さすが100均!

玄関に傘立て 生活
スポンサーリンク

これから梅雨がはじまると大活躍の傘。

傘を直すには傘立てを利用している人がほとんどですよね。

ただ、玄関の広さによっては邪魔になったり、

ちょっと服の裾に引っかかって倒れてしまったり…

なんてことはないでしょうか?

 

スリムで倒れない傘立てが100均にもあるのだとか?!

100均で手に入るのならラッキー☆

では、どんなものなのか見ていきましょう!

 

 

驚き!傘立てスリムでも倒れない!?

傘立て

傘立てでもいろんな形があり悩みますよね。

家族の多さによって傘の本数も増えると、傘立ての大きさも変わってきます。

また玄関の広さも踏まえて選ばないといけないというのが、難しいところ。

傘立てって好みのデザインで、しかも大きさもぴったりなものを

選ぶのは意外と悩むものかもしれません。

 

素材としては、ステンレス・陶器・珪藻土などがあります。

 

傘立てのタイプは、よく見かける“差し込みタイプ”、

スリムでおしゃれな“引っかけタイプ”、

省スペースでうまく使える“マグネットタイプ”が主にあります。

 

それぞれのメリット、デメリットを見ていきましょう。

 

差し込みタイプ

メリット

商品の数が多いので選択肢が豊富。

たくさんの本数を入れられるものが多い。

デメリット

大きいものが多いので、デザインが主張しすぎる。

玄関のスペースが狭くなる。

水受けに水が溜まり手入れが大変。

 

引っかけタイプ

メリット

スリムなものが多いので、玄関の邪魔にならない。

取り出すのもかけるのも楽。

引っかけているので、水切れがいい。

デメリット

傘の持ち手がかけられないタイプだと使いにくい。

たくさんかけすぎると安定感が悪くなる。

 

マグネットタイプ

メリット

玄関のドアに取り付けられるので、邪魔にならない。

玄関をスッキリ広く見せてくれる。

デメリット

たくさんの本数は入れられない。

玄関にマグネットを取り付けられるところがない。

 

 

 

傘立てでスリムなものが100均に!紹介します!

玄関に傘立て

実はあの100均の中でも特に有名なダイソーにスリムな傘立てがあったんです!

 

先ほどにもあげられたマグネットタイプの傘立てです。

 

カラーは白・黒・グレーの3色から選ぶことができます。

ただ、サイズは小さいので1本入れるタイプになります。

重さは1kgまで耐えることができます。

 

上下に連なる2つのパーツがあり、上のパーツは傘を支えてくれて、

下のパーツは受け皿のようになっています。

2つのパーツは上下離したり好きな位置に調節出来るので

お持ちの傘の長さによって合わせることができます。

距離を離せば長い傘に、近くすれば折りたたみ傘に使えます。

 

玄関のドアに設置することで、余分なスペースも取らずに

広く玄関を使えるのがいいですよね!

 

ただデメリットといえば、先ほども述べたように、

そもそもの玄関のドアが鉄製でないと取り付けることができないところです。

どうしても付けたい場合はマグネットを取り付けるための工程が必要になりますね。

 

あとは、家族が多いご家庭だと収納できる本数が

少ないところもあんまりかもしれません。

 

 

その他には、珪藻土の傘立てもありました。

こちらは入れ物ではなく、下に敷くだけになるので、

傘自体は壁に立て掛けるかたちになり、安定感はよくありません。

ただし、濡れた傘の水分を吸収してくれる面ではお手入れも楽で良さそうです。

 

2、3本は立てかけられるようなので、

濡れた傘を一時的に置くためには便利そうですね!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

100均の傘立ては本数がたくさん入らないところが少し残念ですが、

100円で手に入るのは嬉しいですね!

少しの工夫でスペースをうまく活用してみてはいかがでしょうか?

 

また、マグネットタイプの傘立ては、傘立て意外の使い道もあるようで

キッチンで冷蔵庫に貼りつけてキッチン用具を入れてみたり、

ランドリールームで洗濯機に貼りつけてハンガーをかけたり…と

使い道はたくさんあるようですよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました