一人暮らしでできればまだ子猫の里親になりたい場合でも可能なのか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ペットの売れ残りに対するコメント記事

多くの人たちが訪問している記事です
↓クリックして記事を見る↓
https://tinyurl.com/mjmy5d99

副見出し

ペットの売れ残りの情報で里親に

私はアパートを借りて一人暮らしをしていますが、同じく一人暮らしをしている親せきから依頼されて主張でいなくなる1カ月間だけ猫との生活をしていました。

この猫は親せきがペットの売れ残りの情報に胸を痛めて飼育したいと考えて里親になっています。

里親探し

基本的にペットショップで売れ残った犬は、まず里親を探します。

すぐに里親が見つからなくても動物愛護団体のボランティアとして、売れ残った犬を一旦預かってもらうことも可能です。

一人暮らしでも里親になれる条件

一人暮らしをしている場合であっても、飼育する環境といった大切な確認事項についてきちんと話をし、特に問題なく対応できると先方が判断できれば里親になれます。

また、一人暮らしでかつ里親になるとしたらおうちを開ける時間が長いと難しいと思われがちかもしれませんが、親せきはサラリーマンなのでどうしても仕事で留守になりがちです。

それでも、お留守番ができる環境がしっかりと準備されていれば里親生活を送れます。

事前の相談や話し合いが重要

生後3か月になるかどうかといった年齢の子猫の場合には特にきめ細かくケアしないといけないため、最初は十分にそばにいられる環境が理想的とされています。

それでも子猫が欲しいという方はかなり多いので、このようなまだ生まれてそこまで月日が経過していない子猫の里親になりたいのであれば、きちんと相談や話し合いを重ねてから譲渡してもらうという形でなら可能なケースも少なくありません。

引き取る場合の認識と理解

ちなみに、子犬よりも大人になった成犬のほうが比較的落ち着いているものの、食生活やトイレといった日常の行動については性格差が大きいです。

長年の嗜好やクセは簡単に直せないため、個性として理解してあげる必要があることは覚えておくべきでしょう。

******************

他の売れ残り情報:

・ペットショップ売れ残りまとめ①
こちら→ https://tinyurl.com/y2rjy9zm

・ペットショップ売れ残りまとめ③
こちら→ https://tinyurl.com/pehyfbw

******************

▼多くの人たちが訪問している記事です
↓クリックして記事を見る↓
https://tinyurl.com/mjmy5d99

コメント

タイトルとURLをコピーしました