メインクーン 販売の関東情報です。 白の価格の最新調査を公開!

生活
スポンサーリンク

メインクーンといえば、猫の種類の中でも大きい品種で、

毛もフサフサ、しっぽも大きくて長い立派な見た目が特徴ですよね。

成長すると、体長約1メートルにもなり、

体重は4キログラム〜8キログラムになるといわれています。

 

メインクーンの性格は、大きな見た目に反して、温厚で人になつきやすいです。

飼い主や、他の猫や動物とも、比較的うまくつき合える子も多いようです。

猫はあまり人にはなつかないイメージを持っている方も多いかもしれません。

そういった方からすれば、少し意外かもしれませんね。

 

育て方は、成長するとカラダがかなり大きくなるので、

食事量が少し多めになるかもしれません。

長毛種なので、抜け毛も多くなります。

初夏や秋の終わりなどの季節の変わり目などは生え変わりの時期で、

特に抜け毛が多くなりやすいので、ブラッシングをしてあげるのも大切です。

 

毛色はブラックやホワイト、レッド、グレー、クリームなど

さまざまな色があるのも特徴です。

 

スポンサーリンク

メインクーンの販売について関東情報

メインクーン画像

猫を飼うにあたって、ペットショップでの購入や、

里親制度を利用する事が主流な日本ですが、

ブリーダーから直接購入することもできます。

サイトの中からお気に入りの猫を探し、サイトを通して

ブリーダーと連絡を取ることで、購入することができます。

そのようなブリーダーのサイトをいくつかまとめてみました。

 

 

みんなの子猫ブリーダー

 

メインクーンの販売件数は64件。(2020年6月時点)

価格相場は約15万円〜約36万円。

誕生日は2020年4月末頃〜2019年1月末頃の猫がメインのようです。

 

 

Cats

 

メインクーンの販売件数は14件。(2020年6月時点)

先ほどのブリーダーさんよりは件数が少ないですが、

価格は約8万円〜約55万円と、比較的安価な猫から価格の幅があるのが特徴です。

誕生日は2020年4月〜2019年7月頃がメインのようです。

 

 

子猫ブリーダーナビ

 

メインクーンの販売件数1件。(2020年6月時点)

価格は約15万円です。

誕生日は2020年2月頃。

件数が少ないですが、情報更新もされているようですので、

こまめにチェックしてみましょう。

 

 

ブリーダーから直接購入することは、中間業者をはさまずに取り引きできるため、

中間マージンが掛からず、ペットショップよりも低価格で購入することが可能です。

 

それ以外にも、ブリーダーが大切に育ててくれていることや、

気にいった猫の親や兄弟はどういった子がいるのか、

育った背景や性格も詳細にブリーダーから聞けることも、

これから猫を飼う方にとっては安心できる材料のひとつではないでしょうか。

 

メインクーン令和4年のカレンダーはこちら↓

 

 

メインクーン白の価格情報

メインクーンの白

さまざまな色の猫がいますが、価格が高額になるのは、白色です。

白色のメインクーンの子猫の平均価格は約20万〜30万円前後と言われており、

相場よりも高価なことが分かります。

白だけで、他の色が全く入っていないとさらに希少価値が高まり、

かなりの高値がつけられることもあります。

 

また、その白色のメインクーンの中でも、オッドアイといって、

左右の目の色が違う子猫が生まれることがあります。

まず、白いメインクーンが生まれる確率が全体の5%ほどといわれています。

その中で、4匹に1匹ほどの確率でオッドアイの子猫が生まれるようです。

これだけ低い確率なので、数も少ないため、約30万円以上の値がつくようです。

 

まとめ

 

猫やそれ以外の動物を飼いたい!となると、

まずペットショップを思い描く人も多いと思います。

ですが、猫を育てたブリーダーから直接飼えると、

その猫がどういう子だったのか、どういう家族だったのか、

どういう性格で何が好きで何が嫌いなのか、また健康状態はどうなのか…

そういう細かなことも相談できるのは、安心できますよね。

これから一緒に暮らしていくにあたってそういった背景を

知ることはとても大事なことではないでしょうか。

 

ブリーダー以外にも里親募集しているところもあるので、

そういったところから大切な命を救ってあげる方法もあります。

ペットショップに足を運ぶ前に、1度思い出してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました