ペット ショップ 売れ残り 殺 処分の実態! 譲渡会 神奈川の情報

ペット
スポンサーリンク

ペットショップで売られている可愛い子猫ちゃんやワンちゃんたち…。

大抵売れるのは小さい頃で、子犬だと生後3ヶ月までがピークと言われています。

わりと早いなぁ〜と思ってしまいますが、買い手もなるべく小さいうちから飼いたいですもんね。それ以上の成長してしまうとなかなか売れないのが現実だそうです。では、売れ残ったワンちゃん子猫ちゃんたちはどうなるんでしょうか?!

ボクは好きで生まれてきた訳ではない!

 

 

 

もちろんペットショップもそれなりに売れ残らないように計算しているので、売れ残りは少ないのも事実だそうです。ただどうしても売れ残ってしまうものもいます。それでそのペットショップで売れ残った犬猫の実態について、そしてそのような動物たちを守るための「譲渡会」という取り組みについて注目してみたいと思います。今回特に神奈川県の譲渡会の情報をシェアしたいと思います(^^)

 

 

ペット ショップの 売れ残り 殺 処分!その真実

ペットショップの売れ残り犬

 

 

ペットショップで売れ残ったワンちゃんや子猫ちゃん…。この子たちの行く末は一体どこなのか…というと、ボランティア団体やブリーダーに引き渡されたりと様々なケースがあるようです。ところが、なかには保健所に持っていかれて殺処分にされることも。これは2013年の動物愛護法の改正によって、保健所側も引き取り拒否ができるようになっているのですが、ペットショップの中には個人を装って引き渡しに来たりと、悪質なところも未だあるようです。

 

 

保健所では年間46,411頭(平成30年度データ)もの犬や猫が殺処分されているんです。

それを考えると…身の回りにいるワンちゃんや猫ちゃん1匹1匹が大事ですよね。もちろんペットショップにいるのも含めて!それで、こうした実態を防ぐためにも、動物保護団体などで保護された動物を里親希望の方へ引き渡される「譲渡会」という取り組みがあるそうです。この取り組みにより多くのワンちゃんや猫ちゃんの命が救われています。

 

 

 

ペット ショップ 売れ残り! 譲渡 会 神奈川の情報

 

 

この「譲渡会」で心優しい飼い主に出会えたら、ワンちゃん猫ちゃんにとってどんなに良いでしょう!もちろん里親になるということは、責任も生じます。大切な命を最後まで引き取るという責任です。ただ“可愛い!”だけでは動物を育てられず結局捨てるという悪い循環になり得ないからです。なので引き取りたい希望を持っていてもちゃんと引き取ることができるか条件があるんです。詳しくは下記のホームページでイベント情報を取り入れてくださいね!

 

 

今回、神奈川県の譲渡会情報を紹介します。

・神奈川県動物愛護センターホームページ

神奈川県動物愛護センターのホームページ
当センターは、動物愛護思想の普及、動物の適正飼養及び動物による危害の防止などの事業を実施し、人と動物とが円満に共生できる地域社会の実現を目指しています。

・神奈川県の犬の保護施設「KDP KANAGAWA DOG PROTECTION」

特定非営利活動法人 KDP KANAGAWA DOG PROTECTION - 神奈川ドッグプロテクション:神奈川県動物保護センター公認ボランティア
特定非営利活動法人 KDP KANAGAWA DOG PROTECTION – 神奈川ドッグプロテクションは、人に捨てられ、やむを得ず殺処分されてしまう犬たちに、新しい家族を見つけるため、神奈川県動物保護センターから正式な承認を受け保護活動を行っております。

・「ペットのおうち」× 神奈川の譲渡会イベント情報

「譲渡会 × 神奈川県」に該当するイベント
「譲渡会 × 神奈川県」に該当するイベント&#12290...

 

 

最後に…

子犬が2匹寝ている

 

 

ペットショップの売れ残りの行く末を考えると、悲しい結末になることもあるんだということが分かりますね。もちろん保健所に集まってくる犬や猫はそれだけではないですが、なるべく「譲渡会」のように里親希望の方へ渡り保護されることが1番いいですよね。調べてみると意外と身近にあって知らなかった、というイベントに出会えるかもしれません。一度探してみてくださいね!

何よりも、飼い主一人一人が責任感を持って、飼えなくなって“捨てる”という現状が無くなるように願っています!(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました