ペット ショップ 売れ残り情報なら 譲渡 会!犬の販売など

スポンサーリンク

ペットショップで売れ残ってしまったり、生まれつき異常があったりして

販売することが出来ない犬や猫の飼い主を探すのが譲渡会です。

 

飼い主がいないペットを減らしてあげるためにも

ペットを探しているのであれば譲渡会に問い合わせてみましょう!

 

私も実家で2匹の犬を飼っています。

 

確かにペットを飼うことは大変なこともあるかもしれませんが

ペットの存在が癒しになったり、家庭が明るくなったりなど

良いこともたくさんあります。

 

 

そんなペットの売れ残り情報を知りたいのであれば

譲渡会に問い合わせてみるのが1番です。

 

ここでは譲渡会について詳しく紹介していきます。

 

自分の人生を共に過ごしていく大切なペットに出会えると思います。

 

 

 

ペット ショップの 売れ残り情報! 譲渡会に問い合わせ

 

犬の画像

 

 

ペットショップで販売されている子犬や子猫が売れ残ってしまうことが

どうしてもあると思います。

 

すべての子犬や子猫の飼い主が決まることが1番良いことですが

最近はどうしても飼い主が見つからない場合があります。

 

 

そのように飼い主が見つからないペットのために民間の動物愛護団体と

協力しながら「譲渡会」を開催し飼い主を探しています。

 

ペットを飼いたいと思っている人は是非問い合わせてみて下さい!

 

ペットショップでペットを購入した人の中には

譲渡会で売れ残ったペットを譲り受けることが出来ることを

知らない人がいるようです。

 

ペットショップで購入すればかなりの金額が必要になりますが

譲り受けることでワクチン代などの必要なお金以外はかかりません!

 

飼い主がいないペットを助けることもでき嬉しいことが

たくさんあるシステムになっていますね。

 

 

譲渡会が開催されるまでの間は一時的に動物愛護団体や

動物愛護団体に協力している個人のボランティアが預かってくれます。

 

 

ペットを飼っていると大切に育てられなかったり

飼い主がいないかわいそうなペットのニュースをみると悲しくなります。

 

これが生き物を販売する難しさの1つだと思います。

 

どんどんペットを増やしてしまうのではなくこのような悲しいめに

合うペットを減らしていこうという動きが強くなっています。

 

 

 

ペット ショップ 売れ残り情報! 犬 の販売はこちら

柴犬

ペットショップで売れ残ってしまう犬の飼い主を探すための

譲渡会ですが、中にはインターネット上で犬や猫を見れる場合もあります。

 

そんなシステムを利用しペットを探してみるのもおすすめな方法です。

 

 

ペットは譲り、受け取る金額は必要な経費なので

そのかわりペットフードを購入してもらったり、トリミングを行ったり

動物病院、介護ホームを一緒に経営することで収入を得ています。

 

ペットショップをもともと経営していた人がこのような方法に

変えていくケースも増えてきています。

 

確かにこのようなペットショップが増えていけば売れ残ったことで

犠牲になってしう犬や猫を減らすことが出来ると思います。

 

 

ペットを飼っているとそのペットも家族の一員ですよね。

 

そんなペットに対する意識をみんなが少し変えるだけで

悲しい思いをするペットを減らすことが出来ると思います。

 

里親になったり、この「譲渡会」を多くの人に知ってもらうために

SNSをつかって発信したりしていきましょう!

 

「譲渡会」を知らないだけで知っていれば利用したと

思う人もたくさんあると思います。

 

出来ることからはじめていくことが大切ですね!

 

 

 

まとめ

 

 

 

「譲渡会」はペットショップで売れ残ったペットの

飼い主を探すために開催されます。

 

民間の動物愛護団体やボランティアの人達に協力してもらいます。

 

「譲渡会」を利用すればペットを譲り受けることができ

ワクチン代などの必要な支払いだけです。

 

また飼い主を探しているペットを助けることにも繋がります。

 

 

売れ残ってしまうペットは思っているよりたくさんいます。

 

そんなペットが少しでも少なくなるように

自分が出来ることから行っていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました