ペット ショップの売れ残りは譲渡会で分かる!鳥についての情報!

スポンサーリンク

 

ペットショップで売れ残る動物たちの情報が集まる譲渡会

というのがあります。

いったいどういう会なのかを調べましたのでご紹介します。

 

また、ペットショップの売れ残りの鳥に関する情報などもわかる

のかどうか、売れ残りの鳥はどうなるのかなども併せてご紹介

していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

ペット ショップの売れ残りは譲渡 会で確認!

インコの画像

ペットショップで売れ残った動物たちはどうなるのか調べて

みたところ、

 

・ブリーダーに返還や売却

・動物引き取り業者が引き取り

・実験用動物として売却

・保健所や動物愛護センターへ持ち込み

・お店などの看板ペットになる

 

といったことがわかりました。

 

すべての売れ残りの動物たちに幸せな未来が待っている

というわけではなさそうですね。

 

ペットショップ自体が譲渡会を行っているわけではありません。

そんなことをしてしまうと、ペットそのものの商品価値が低下

してしまいます。

 

譲渡会というのは、保護された動物の新たな飼い主を探す

為の会なので、保健所や動物愛護センターなどで保護されて

いる動物たちが対象になると考えられます。

 

ペットショップで売れ残ってしまった動物たちで、保健所や動物

愛護センターに引き取られた犬や猫や鳥などの飼い主を譲渡会で

探してあげるということになりますね。

 

ただ実際譲渡会に行ってみて、どうしてその動物たちがそこに

引き取られているのか、その理由もわかるので安心してください。

 

ペットショップで売れ残りの鳥について

ペットショップで売れ残りというと、すぐに犬や猫を想像して

しまいますが、鳥も忘れてはいけません!

 

確かに鳥も売れ残ることはありますが、実は犬や猫と比べると

かなりその割合は少ないようです。

 

ペットショップで販売されている鳥の多くは、何とか売れるまで

値下げをしたり、セット販売などが行われています。

 

犬や猫の場合は、生まれて間もない子供の時の方がよく売れる

のですが、鳥(インコ)の場合はそういったことはありません。

成長の過程の中でそれぞれ需要があり成長した鳥でも売れるので、

売れ残りが少ないといわれています。

 

最終的に行き場のない鳥に関しては、ショップの店員さんが

引き取るということもよくあります。

 

譲渡会で鳥もいることがありますが、ペットショップの売れ残り

という可能性は低いのではないでしょうか。

おそらく、元の飼い主が何らかの事情で飼えなくなったり、保護

された鳥というケースが多いでしょう。

 

ペットショップでどうしてもピンとくる鳥との出会いがないという

方は、譲渡会などで探すというのも一つの方法だといえます。

 

 

譲渡会はどこでやっているの?

実際に譲渡会がどこでやっているかネットで検索していただくと、

ある程度の情報を集めることは可能です。

 

・市役所

・公園

・帆援助

・愛護センター

・ペットショップ(併設の保護犬・猫シェルターなど)

・協力してくださる方の所有地

・ドックカフェ

・猫カフェ

 

といったところで行われていることが多いです。

 

まずはお住まいの自治体の市役所などのホームぺージをご覧に

なってみて下さい。

譲渡会の情報があるかもしれませんよ!

 

まとめ

 

 

ペットショップの売れ残りの動物たちは、保護された場合は

譲渡会などで、新しい飼い主さんを探してもらえます。

 

ペットショップの売れ残りの動物の中で鳥というのは少なく、

ほとんどが売れるまで店で飼われることになります。

成長過程でそれぞれ需要があるので、大きくなってからでも

売れる可能性はあるからです。

 

ですが、譲渡会に行けば鳥もいますので、保護されたり飼い主

がいなくて行き場を失っている鳥を助けてあげたいという方は、

ぜひ譲渡会を利用してみて下さい。

 

譲渡会は事前予約性になります。

予約をする前には参加条件などがありますので、しっかりと読んで

確認しておくことをおすすめします。

 

ペットはモノではなく、人間と同じ生き物です。

飼うと決めたら責任をもって最後までしっかりお世話してあげて

くださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました