らっきょう の 効能! 血圧に及ぼす影響?産地や酢で違う!?

らっきょう 家事
スポンサーリンク

最近、スーパーフードとして注目されている「らっきょう」!

体に良い効果がたくさんあるので紹介していきます。

 

らっきょうは血圧を下げる効果があります。

 

血液をサラサラにしてくれる効果があるビタミンB1の吸収を高めてくれます。

 

ビタミンB1を多く含む豚肉や大豆と一緒にらっきょうを食べると

さらに効果を高めることが出来ます。

 

血液がドロドロになると血圧が高くなってしまいますが

サラサラになることで血圧を落ち着かせることが出来ます。

 

 

他にも疲労回復効果や便秘解消効果、コレステロール値を下げる

免疫力の向上、アンチエイジング効果などがあります!

 

 

らっきょうは全国いろいろな場所で栽培されています。

 

その産地によってらっきょうにも違いがあるので

食べ比べも楽しむことが出来ると思います!

 

らっきょうの酢漬けの作り方も紹介するので参考にしてみて下さい。

 

 

らっきょうの 産地による 違いはなにか?調べた

 

らっきょう

 

 

らっきょうの主な産地を収穫量が多い順番で紹介します。

 

1位 鹿児島県

2位 鳥取県

3位 宮崎県

 

この3県で栽培されているらっきょうにはそれぞれ特徴があります。

スーパーでらっきょうを購入するとき産地を確認し参考にしてみて下さい!

 

①鹿児島県

 

「砂丘らっきょう」として有名です。

吹上砂丘があるので保水性がなく痩せたシラス台地がたくさんあります。

 

このような土地で育てられたらっきょうは

シャキシャキとして歯触りが良いという特徴があります。

 

②鳥取県

 

鳥取県も鳥取砂丘があるのでその近くでらっきょうは栽培されています。

 

夏の地表面温度は60度で冬の温度は氷点下になるという過酷な条件で

育っているので色が白く、堅く引き締まったらっきょうになります。

 

鳥取県では根を1cmくらい残した「根付らっきょう」と

根は全て切り落とし、薄皮も取り塩水と酢水で洗った

「洗いらっきょう」があります。

 

③宮崎県

 

宮崎県だけ砂丘ではなく、水はけが良く栄養を多く含んでいる火山灰です。

 

通常の収穫時期より1ヶ月ほど早く収穫した

「春採らっきょう」が有名です!

 

 

らっきょう のあま 酢漬けを作る場合の 配合

 

らっきょう

 

 

旬をらっきょうをあま酢漬けにすることで、そこから1年間

みずみずしいらっきょうを楽しむことが出来ます。

 

らっきょう好きにはたまらないですし

らっきょうにある体に良い効果を得るためにもおすすめです!

 

 

らっきょうは先ほど紹介したように土のついたものもあれば

洗ってあるものもあります。

 

時間がない場合は洗ってあるらっきょうがとても便利です!

 

 

作り方を紹介します。

 

材料

らっきょう…500g

赤唐辛子…2本

(漬け汁)

酢…175ml

砂糖…100~125g(お好みで調節)

塩…35g

みりん…30ml

 

 

①水で綺麗に洗い、薄皮もむきます。

②らっきょうの先端と根を切り落とします。

③キッチンペーパーなどで水分をふき取ります。

④酢、砂糖、塩、みりんを混ぜて漬け汁を作ります。

⑤容器は熱湯で消毒し、その中に漬け汁、らっきょう、赤唐辛子を入れます。

 

 

漬けてから3日後から食べることが出来ます。

冷蔵庫に入れておくとシャキシャキとした食感を

長く楽しむことが出来ます。

 

これを作っておくとご飯の時にちょっとした1品としてとても役立ちます。

 

 

 

まとめ

 

らっきょう

 

 

らっきょうは産地によって違いがあるので紹介します。

 

①鹿児島県

シャキシャキとして歯触りが良い

②鳥取県

色が白く、堅く引き締まっている

③宮崎県

通常の収穫時期より1ヶ月ほど早く収穫する

 

らっきょうを購入するときは是非産地を確認してみて下さい!

 

らっきょうをあま酢漬けにすることで1年間保存することができ

シャキシャキとした食感も楽しむことが出来ます!

 

作り方も簡単なので是非作ってみて下さい!

 

砂糖を調節して自分の好きな味を見つけていくのも楽しいと思います。

 

らっきょうは体に良い効果がたくさんあるので

あま酢漬けを作り食べ続けてみて下さい。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました