あなたが見ている子犬・子猫、もし引き取り手がいなかったらどうなる?

スポンサーリンク

ペットの売れ残りに対するコメント記事

多くの人たちが訪問している記事です
↓クリックして記事を見る↓
https://tinyurl.com/mjmy5d99

副見出し

かわいいペットたちの行方

昔から人間のペットとして人気な子犬・子猫、特に買い物ついでで見られるホームセンターはいつも人が笑顔で見ていることが多いかなと思います。しかし、実際に買うという人はわずかであり、売り残りはどうなるか考えたことはあるでしょうか?

期限は生後3か月!?

子犬にしろ、子猫にしろ、成長は早く、気づけば成犬、成猫となるのはあっという間です。お客さんは、月齢が若い方を購入する傾向にあるのは事実です。ですので3か月を目安に値引きを行うことが多いようです。

3か月後どうなるの?

生後3か月を過ぎると値引きされることを上記で書きましたが、タイミング悪く売れないと、ペットショップでは売れないことが多いため、ほかの場所に移すようです。

厳しい現実が待っている

売れ残ったペットたちの運命は大きく4つです。
①店員が引き取るケース
②更なる値引き
③ボランティア団体やブリーダーに引きっとってもらう
④保健所で殺処分
①~③までが基本となっているとのことですが、すべてのペットにチャンスがあるわけでなく、殺処分いうことも現実なようです。

殺処分を少しでも減らしたい・・・

最近では、人間の都合で生まれて命を人間の都合で殺処分するのはおかしいという考えも浸透し始めた為、動物系のカフェと提携する活動や保護ペットのマッチングアプリ、賃貸マンションを借りると保護猫がついてくるサービス、猫付きマンションという活動もあり、殺処分を少しでも減らす努力を行ってるようです。

******************

他の売れ残りコメント情報:

・ペットショップ売れ残りまとめ①
こちら→ https://tinyurl.com/y2rjy9zm

・ペットショップ売れ残りまとめ②
こちら→ https://tinyurl.com/4vrpt6wm

******************

▼多くの人たちが訪問している記事です
↓クリックして記事を見る↓
https://tinyurl.com/mjmy5d99

コメント

タイトルとURLをコピーしました